Audi S5

デザイン

exteria

エクステリア

 
創業者アウグスト ホルヒ博士の「レースは技術の実験室」という開発理念のもと、レースに挑み、レースを制し、走りを革新し続けてきたAudi。その数々のレースの歴史の中で、1985年、伝統あるパイクスピーク ヒルクライムで初代「S」モデル、Audi Sport quattro S1が勝利を獲得。それを起源とするSモデルは、シリーズ最強のグレードとして位置づけられています。

Audi S5。クーペはなによりも美しくなければならないという哲学のもと、流麗な線と面が織りなすシルエットには走りの官能さえもパッケージ。先進のパワートレインによるスポーティな走りは心を研ぎ澄まし、ピュアに情熱的にドライビングを愉しませてくれます。

s5_in_photo_thumb

インテリア

 
エレガンスとスポーティが融合したAudi S5のインテリア。高度な人間工学が注がれたコックピットは、人とクルマの心地よい一体感を生み出します。操作音にもこだわったスイッチ類は、運転中にブラインドタッチで自然に手が届く位置に配置。希少なミラノレザーを用いて、縫製の一本一本にまで精緻を極めたシート。高品質な素材を、丹念に仕上げたデコラティブパネル。すべてがAudiならではのクオリティで造りこまれています。

ロングホイールベースがもたらした居住性は、グランドツアラーの伝統を受け継ぎ、大人4人が快適にロングドライブを楽しめる広さを実現。乗るたびに実感できる豊かな時間がドライバーと同乗者の心を満たします。