Audi Q7

The all-new Audi Q7
    圧倒的な存在感、俊敏さとパワーを併せ持つプレミアムSUV

並外れたポテンシャルを発揮するパワートレインと、驚くべき軽量化を遂げつつも高い剛性を誇るボディを身に纏った堂々たるデザイン。新型Audi Q7は、プレミアムSUVを物語るに相応しい存在感に満ちています。従来のSUVの概念を超えるダイナミズムを、ぜひ体感してください。

Audi Q7 の特長

フルタイム4WDシステムquattro®を標準装備  オンロードでもオフロードでも、路面に吸い付くような安定感を

Audi Q7
Audi Q7
Audi Q7

Audi独自のフルタイム4WDシステムquattro®の35年に及ぶ歴史。安全かつ快適でダイナミックなドライブを実現するために、Audiがレースで磨き上げた技術を一般車にフィードバックしながら進化してきたquattro®の走りは洗練の極みへ。市街地やオフロードなど、どんなコンディションであっても4輪すべてに駆動力を配分する卓越したトラクションコントロールにより、まるで路面に吸い付いているかのような安定感を確保することができます。

圧倒的な存在感と居住スペース  Qシリーズ最高峰モデルに相応しい姿と室内空間

堂々たるデザインとボディサイズ

堂々たるデザインとボディサイズ

堂々かつ伸びやか、力感溢れるプログレッシブなフォルム。そして全長5,052mm / 全幅1,968mm / 全高1,735mmというQシリーズ最大のボディサイズ。そのパワー漲る姿は、プレミアムSUVを物語るに相応しい存在感に満ちています。

ゆとりと柔軟性に満ち溢れた居住スペース

ゆとりと柔軟性に満ち溢れた居住スペース

居住スペースを再定義する。それがプレミアムSUVのフラッグシップが考えるこれからの快適性です。新型Audi Q7では、真の使いやすさにフォーカスして空間レイアウトを見直しました。Qシリーズ最大のボディサイズが可能にするゆとりに満ち溢れた室内では、乗る人やラゲッジスペースに合わせて多彩なアレンジが可能です。独立した3人分のゆとりあるベンチシートを採用した2列目シートは、ラゲッジスペースの積載量に合わせてそれぞれ個別にシートスライドとリクライニング調節することができます。3列目には電動分割可倒式シート2席をオプション*で選択できるほか、フルフラットシートにも対応しています。
*7シーターパッケージとしてセットオプション

軽量化と俊敏性  大幅に削減された車輌重量と進化したパワートレイン

従来モデルに比べて、最大300kgの軽量化を実現

従来モデルに比べて、最大300kgの軽量化を実現

細密に検証されたフレーム設計、アルミとスチールという異素材を巧みに組み合わせたアルミ複合ボディ、そしてコンポーネントのひとつひとつにまで及ぶ重量削減。これらを追求した結果、従来モデルに比べ、一般的なグランドピアノ1台分に相当する最大300kgの軽量化を実現しました。クルマを構成する部品を正確に組み合わせることで効率を高める仕組みは、更なる安全性と燃費の向上にも一役買っています。

大きなボディを俊敏に操るパワートレインとサスペンション

大きなボディを俊敏に操るパワートレインとサスペンション

プレミアムSUVに求められる力強くも軽快な走りのために進化した2つのTFSIエンジンと標準装備のダイナミックサスペンションが、高出力と高効率を両立します。3ℓV6スーパーチャージャーの3.0TFSIは最高出力245kW(333PS)、最大トルク440Nmに到達。2ℓ直列4気筒ターボチャージャーの2.0TFSIは最高出力185kW(252PS)、最大トルク370Nmを発揮します。このTFSIエンジンのパワーを、Audi独自のフルタイム4WDシステムquattro®が余すこと無く路面に伝えることにより、新型Audi Q7の大きな車体を快適に操ることができます。

大型SUVの常識を超える優れた取り回し

大型SUVの常識を超える優れた取り回し

フロントタイヤだけではなく、リヤタイヤの舵も切ることで、高い操作性を実現するオールホイールステアリング*。低速時にはリヤタイヤの角度をフロントタイヤとは逆の方向に動かすことで最少回転半径と走行に必要なスペースを減少させます。高速時には、フロントとリヤのタイヤが同じ方向へ動くことで車両安定性を向上させながら、応答性も向上します。
*アダプティブエアサスペンションパッケージとしてセットオプション


Audi Q7 gallery01 Audi Q7 gallery02
Audi Q7 gallery03
Audi Q7 gallery04 Audi Q7 gallery05Audi Q7 gallery06

※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。日本仕様は、右ハンドルとなります。


純正パーツ/アクセサリー Audi Q7 純正パーツ/アクセサリー
純正パーツ/アクセサリー
価格/ファイナンスプログラム 価格とお支払い例
価格とお支払い例
ファイナンスプログラム
ファイナンスプログラム
アフターサービス 保証/メンテナンス
保証/メンテナンス

購入をご検討の方へ