970x407_modal_jp2015_1.jpg

Audi Twin Cup 2015 ジャパン ファイナル

全国のアウディ正規ディーラーからサービス技能日本一を決定

2016年3月8日、ハイアットリージェンシー大阪にて、「Audi Twin Cup 2015 Japan Final(アウディ ツイン カップ 2015 ジャパン ファイナル)」を開催しました。審査の結果、テクノロジー部門ではAudi 宇都宮、サービス部門ではAudi 山陰が 1位に輝きました。 この度開催されたAudi Twin Cup 2015 Japanには、2回に渡るオンラインでの筆記試験による予選を経てサービス部門24チーム(24名)および、テクノロジー部門24チーム(71名)が出場。 セミファイナルで選抜された各部門12チームがファイナルへ進出しました。サービス部門では入庫受付を想定し、顧客の指摘から不具合箇所を特定するなどの実技試験、テクノロジー部門では実車を使った故障診断に加え、それぞれ学科試験を加えた総合成績で競いました。 この結果をもとにサービス部門の1~3位の3名と、テクノロジー部門の1位チームであるAudi 宇都宮が、2016年秋にポルトガルで開催予定の「第12回 Audi Twin Cup World Championship(アウディ ツイン カップ ワールド チャンピオンシップ)」に日本代表として出場し、世界一の座を競います。 Audi Twin Cup 2015 Japan Final 審査結果 <サービス部門> 1位 Audi 山陰 吉村 彰洋 2位 Audi 熊本 大磧 数敏 3位 Audi 池袋 安岡 章雄 <テクノロジー部門> 1位 Audi 宇都宮 高橋 努、石田 和行、酒井 正実 2位 Audi 月寒  春日 治朗、丹羽 勇人、生川 昇 3位 Audi 奈良  藤田 直治、松尾 和樹、藤岡 豊朗