recycle_sub_main.jpg

再資源化等の状況2019年度

全体収支

自動車リサイクル法に基づく再資源化等の実施状況について

自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づき、当社が、2019年度に実施した再資源化等の状況を公表いたします。当社の公表実績にはアウディ車およびグループブランドであるランボルギーニ車の実績を含みます(報告対象期間:2019年4月1日~2020年3月31日)。
引き続き、使用済自動車の再資源化等の確実かつ効率的な実施のために、一層の取り組みを推進して参ります。

物品合計での収支状況

資金管理法人から払い渡しを受けた再資源化等預託金の総額 125,878,140円
 うち預託金利分 15,533,380円
再資源化等に必要な行為に要した費用の総額 105,468,605円
 うち社内費用(システム費) 538,307円
 うち社内費用(人件費) 5,417,601円
収支 ① 20,409,535円


参考:再資源化等の運営に要したインポーター負担金等とインポーターとしてのリサイクル全体収支

自動車リサイクル促進センターの運営関連費用     3,886,818円
ASRリサイクル関連費用 2,017,308円
合計 ② 5,904,126円
インポーターとしての全体収支(①-②) 14,505,409円


Links

自動車リサイクルに関する一般的なご質問は、「自動車リサイクルシステム」のホームページをご覧ください。