quatttro_special_history_main.jpg

quattro®の栄光と歴史

当時“オフロード車のための技術”と思われていた4WDを乗用車に持ち込んだだけでなく、スポーツドライビングに欠かせない手段として新しい可能性を提案したAudiのquattro®。その狙いに狂いはありませんでした。

  • quatttro_special_history_1_02.jpg
    Audi quattro 衝撃のデビュー

    1980年3月3日、Audiがジュネーブショーに持ち込んだスポーツクーペ(Audi quattro)が4WDの常識を一変させました。雪道やオフロードなど、厳しい条件下で優れた走破性を持つ4WDを、ハイパワークーペでスポーティに走らせるための機能として最適化。既成概念を覆したのです。そして翌年、このAudi quattroがWRC(世界ラリー選手権)を一変させます。1981年、初参戦で初勝利。その年の10月には、ミシェル・ムートンが女性として初のウイナーに輝き注目を集めました。

Audiのチャレンジは見事に成功し、その後も快進撃を続けました。市販車では、当時約5万マルクという高額モデルであったにもかかわらず、Audi quattroは、1991年までに1万1452台を生産。Audiブランドの向上に大きく貢献しました。

  • quatttro_special_history_2_02.jpg
    quattro®が切り拓く新たな世界

    Audiは1982年のAudi 80を皮切りにラインアップを拡大、ラグジュアリークラス初の4WDであるAudi V8の発売、モータースポーツで培った技術を市販モデルに投入したSモデルの発売など、常識を打ち破るような挑戦を続けます。さらに、コンパクトモデルのAudi A3やAudi TT、ミッドシップスポーツのAudi R8、スポーツSUVのAudi Q7など、魅力的なquattro®モデルを続々と世に送り出してきました。そしてquattro®が切り拓く世界は、これからも広がります。

quattro®の栄光と歴史
1980 Ur-quattro(Audi quattro)の誕生。                                 
1981 WRCに参戦。2戦目でハンヌ・ミッコラが初勝利。
サンレモではフランス人のミシェル・ムートンがWRC初の女性ウイナーに。                                                                                                                                               
1982 Audi 80 quattroにて本格的な量産を開始。
WRC参戦2戦目にしてAudiがマニファクチュアラーズタイトルを獲得。
1983 WRCにてハンヌ・ミッコラがドライパーズタイトルを獲得。
1984 WRCにてスティグ・ブロムキストがドライパーズタイトル、
Audiがマニファクチュアラーズタイトルのダブルタイトルを獲得。
1985 アメリカのパイクス・ピーク・ヒルクライムでミシェル・ムートンが優勝。
1986 センターデフにセルフロッキング機構を持つトルセンデフを採用。
アメリカのパイクス・ピーク・ヒルクライムでポピー・アンサー・ジュニアが優勝。
1987 アメリ力のパイクス・ピーク・ヒルクライムでヴァルター・ロールが優勝。3連覇を遂げる。
1988 ラグジュアリークラスでは初となる4WDモデルのAudi V8を発売。
アメリカのトランザム・レースシリーズに参戦。
13戦中8勝を挙げてドライパー、マニュファクチュアラーズの両タイトルを獲得。
1989 アメリカのIMSA GT0シリーズで、ハンス・ヨアヒム・シュトゥックが
13戦中7勝を挙げ、シリーズ3位の成績を収める。
1990 ドイツDTMでハンス・ヨアヒム・シュトゥックがドライパーズタイトルを獲得。
1991 ドイツDTMでフランク・ビエラがドライバーズタイトルを獲得。
1996 ドイツSTWでエマニュエル・ピロがシリーズ優勝。
イギリスBTCCではフランク・ビエラがシリーズ優勝。
1997 quattro®にESPを組み合わせ、スタビリティを飛躍的に向上。
1998
横置きエンジンモデルに適した新しいタイプのquattro®をAudi A3に搭載。
2000 Audi allroad quattroを発表。
2001 quattro®モデルが累計100万台を突破。
2005 Audi初の縦置き・非対称・ダイナミックトルク配分を可能にした
新世代quattro® を Audi RS4に搭載。
2008 パリサロンでスポーツディファレンシャル搭載のAudi S4を発表。
2010 ジュネーブでクラウンギア方式に変史したAudi RS5を発表。
2012 新世代ルマン24時間レースにて、Audi R18 e-tron quattroが
ハイブリッド搭載マシンとして史上初の優勝。
2014 ルマン24時間レースにて、通算13回目の優勝。