歴史に残るクラシック・カー > Audi History > アウディジャパン

歴史に残るクラシック・カー

  • classichighlights-header.jpg
classichighlights-header.jpg

The Audi Tradition
歴史に残るクラシック・カー

車やバイクが、「クラシックカー」となるためには、何が必要なのでしょうか。それは、先進的な技術スペックでしょうか。スタイリングでしょうか。それとも性能でしょうか。ひとつ確かなことが言えるとすれば、過去を振り返った際、その車が世に出たときに社会がその車をどう受け入れたのか、ということではないでしょうか。そして、その情熱を今でも感じることができる車が今なお「クラシックカー」として人々の心に刻まれている、ということではないでしょうか。

自動車の歴史の中で、クラシック・カーは10年ごとに姿を現しており、その多くはAudi、あるいはその前身の会社から誕生しています。ここでは、そのクラッシック・カーの一部を紹介します。

Horch 853
cl_01.jpg
8気筒エンジン搭載、最上級のスポーツ・カブリオレ。 詳しくはこちら
Wanderer W 25 K
cl_02.jpg
30年代において、最も美しいスポーツカーとされたWanderer W25Kモデルの系譜をご覧いただけます。 詳しくはこちら
DKW 3=6
cl_03.jpg
第一号は3気筒エンジンを採用しましたが、その後は6気筒エンジンを搭載して改良が進みました。 詳しくはこちら
Audi 100 Coupé S
cl_04.jpg
ドイツ生まれの、イタリアスタイル Audi 100 Coupé S 。 詳しくはこちら
Audi quattro
cl_05.jpg
最初に登場したquattroモデルです。スポーツと日常使用におけるフルタイム4WDとしての先駆的な役割を果たしました。 詳しくはこちら
NSU Ro 80
cl_06.jpg
生産終了から30年以上が経った現在。
いまだにこのモデルを超える車は現れていないと言われています。 詳しくはこちら
DKW Supersport 500
cl_07.jpg
世界一の規模を誇るバイク工場で作られたモデルです。水冷エンジンを搭載していました。 詳しくはこちら
NSU Supermax
cl_08.jpg
当時、世に出ていた250ccのバイクの中で、最も先進的なモデルと言われました。 詳しくはこちら