audi100coupes-header.jpg

歴史に残るクラシック・カー
Audi 100 Coupé S

イタリアのカーデザインの影響を感じさせる端正なボディ、Audi100のクーペバージョンの初公開は、1969年のフランクフルトモーターショーでし た。ファストバックスタイルのこのモデルと、Audi100サルーンとの違いは、幅の広いタイヤ、高さ調節可能なハンドル、ベンチレーテッドディスク装備 のフロントブブレーキ、グレードアップしたインテリアでした。

Special Features

Audi 100 Coupé S
a100_01.jpg
2キャブバージョンの直列4気筒エンジン(総排出量1.871 cc、最高出力84 kW/115bhp)。初期プロトタイプの一台を対象にした写真撮影会。
Audi 100 Coupé S
a100_02.jpg
2キャブバージョンの直列4気筒エンジン(総排出量1.871 cc、最高出力84 kW/115 bhp)。生産初期のバージョン。
Audi 100 Coupé S
a100_03.jpg
直列4気筒エンジン(総排出量1.871 cc、最高出力84 kW/112 bhp)搭載、新しいサイドパネルやホイールを装着し、モデルチェンジが行われました。
Audi 100 Coupé S
a100_04.jpg
2キャブバージョンの直列4気筒エンジン(総排出量1.871 cc、最高出力84 kW/115 bhp)。カタログに使用された写真です。
Audi 100 Coupé S
a100_05.jpg
1キャブバージョンの直列4気筒エンジン(総排出量1.871 cc、最高出力84 kW/112 bhp)。
Audi 100 Coupé S
a100_06.jpg
直列4気筒エンジン(総排出量1.871 cc、最高出力82kW/112 bhp)。生産終了直前、最後のモデルでした。