aerodynamics-header.jpg

Audiの先進技術
空力の追求

過去100年以上にわたり、車のボディは、燃費を良くするため、風の抵抗を最小限にする形状になってきました。この最初の実験は、第一次世界大戦の時代まで、さかのぼります。Audiは1923年に、アルミの流線型ボディを持つK型で実験を行いました。

Special Features

Jaray Audi
aero_01.jpg
Jaray Audiは、独自の40hp、6気筒のエンジンを搭載し、最高速度100km/h以上を記録しました。
Streamlined Horch 930
aero_02.jpg
流線型のホルヒ930は、92hpのV型8気筒エンジン(V8)を装備していました。
Streamlined sports car
aero_03.jpg
アウトウニオンの流線型スポーツカーは、フェルディナント ポルシェが設計した6気筒のOHC エンジンを搭載、3つのキャブレターを装備し、60hpのパワーを備えていました。
Audi C 3
aero_04.jpg
Audi C3は、快適さ、安全性、スタイルを犠牲することなく、飛躍的な空気力学の最先端を採りいれています。