two-stokeengine-header.jpg

Audiの先進技術
2ストロークエンジン

長年にわたり、DKWの名前は、2ストロークエンジンの車/オートバイと同義語でした。
これらは、1920年代~1950年代にドイツ大衆に新たな交通手段を提供、クルマの普及への多大な貢献となりました。

この写真は、1933年のDKW F 2 マイスタークラッセ用の2ストローク2気筒エンジン(700cc、20bhp)です。

Special Features

DKW ZL motorcycle
two-stroke_01.jpg
1923年、1924年にさかのぼり、2番目に発表されたDKWオートバイ・モデルは、“Zschopauer Leichtmotorrad” (Zschopauの軽量バイク)でした。
DKW PS 600
two-stroke_02.jpg
DKWの最初のモデルの1つは、1929年に登場した小型スポーツカーで、2ストローク2気筒得エンジン(600cc、18hp)を搭載していました。
DKW F8 Front-Luxus
two-stroke_03.jpg
DKW フロント-レクサス・コンバーチブルは、1930年のドイツ車の中で、最も人気のあるモデルでした。特に、頑丈な2ストローク2気筒エンジン(700cc、20hp)が人気の理由でした。
DKW Junior
two-stroke_04.jpg
ラゲッジスペースが大きい、小型のDKW。 DKW ジュニア(2ストローク3気筒エンジン、741 cc、34 bhp) は、1959年に誕生しました。
Auto Union 1000 S
two-stroke_05.jpg
1957年の秋、1000ccエンジンを搭載した最初のDKWモデル、アウトウニオン1000が発売されました。これは、このモデルの最終版で、1962年に製造されました。
AU 1000 Sp Coupé
two-stroke_06.jpg
このアメリカの影響を受けたスタイルのツー・シーター スポーツカーは、1958年から1965年までインゴルシュタットで生産されました。
2ストローク3気筒エンジン(980cc、55bhp)を搭載しています。