ボディ > 走行性能 > テクノロジー > アウディジャパン

ボディ

美しく、高剛性・高強度なAudiのボディ

車体を軽量化し走行性能や燃費性能を高める、Audi独自のボディ構造。

※各機能/装備の搭載状況はモデルによって異なります。詳しくは各モデルのカタログ、データインフォメーションをご確認ください。

Audi独自のボディ構造ASF(アウディスペースフレーム)

車体を軽量化し走行性能や燃費性能を高める、Audi独自のボディ構造です。
一般的なモノコックボディではなく、強度特性に優れるスペースフレーム構造を新開発。アルミニウム、スチール、マグネシウム、カーボン等の素材を適材適所で用いることで軽量かつ高剛性、高強度なボディを実現しています。

レースで磨かれたエアロダイナミクス技術

Audiは、1930年代からレースの世界でエアロダイナミクス(空気力学)の重要性に着目。技術を磨いてきました。長年蓄積された技術を市販車にフィードバックし、ボディ上面のみならず下面の空気の流れをコントロールすることで、燃費性能の向上や走行安定性の向上に役立てています。

audi_news_media_750x265_1.jpg

Audiの情報を手軽に手に入れる

Audiでは、メールマガジンやソーシャルメディアで、クルマの情報をはじめ、ブランド情報やお得なキャンペーン情報などを定期的に発信しています。
ぜひ、この機会に、あなたの欲しい情報やライフスタイルにあったメディアを選択し、Audiの様々な情報を手に入れてください。
Newsletter / Social Media