ステアリング > 走行性能 > アウディジャパン
ステアリング

ステアリング

正確で心地よいハンドリングをもたらすステアリングシステム

重厚感と安定感があり、同時にダイナミックさも備えるAudiの走り。それは、「4輪で走る」4WDシステム quattro®に加え、「4輪で曲がる」オールホイールステアリング等の操舵システムからももたらされます。シーンに応じてステアリング特性を可変させることで、街中からワインディング、ハイウェイまで、様々なシーンで正確なハンドリングを実現します。

ダイナミックオールホイールステアリング

technology_chassis_steering_1_844x475.jpg

走行速度と操舵角に応じてクルマの特性を変化

4輪を操舵することで優れた取り回しとレスポンシブなステアリング特性、卓越した走行安定性を実現するシステムです。
低速走行時にはフロントホイールとリヤホイールを逆方向に操舵、中高速時には同方向に操舵することで優れた取り回しと走行安定性を両立させる「オールホイールステアリング」に、走行速度とステアリングの切り角に応じてギヤレシオが変化する「ダイナミックステアリング」を融合させています。

オールホイールステアリング

technology_chassis_steering_2_1920x1080.jpg

俊敏性と安定性を両立させる高度な4輪操舵システム

フロントホイールだけでなく、リヤホイールも操舵することで優れた取り回しと卓越した走行安定性を実現する、4輪操舵システムです。
ワインディングロードや高速走行ではリヤホイールがフロントと同じ方向へ動くことで、安定感のあるハンドリングを実現。高速道路での車線変更もスムーズに行えます。一方、低速走行時には、リヤホイールをフロントと逆方向に向けることで、最小回転半径縮小。狭い市街地などでも、車両のサイズを意識させない俊敏な操作性をかなえます。

ダイナミックステアリング

technology_chassis_steering_3_1920x1080.jpg

走行状況に合わせてステアリングレシオとアシスト量を調整

システムが操舵角と車速などの走行状況に合わせてステアリングレシオとアシスト量を調整し、駐車時や低速での取り回しなどを向上させるステアリングシステムです。
ステアリングホイールの回転をステアリングギヤボックスに伝えるシャフトに電動メカニズムを搭載。通常のロック・トゥ・ロックが3回転半のところを、駐車時は2回転のクイックな特性にするなど、状況に応じてステアリング操作量を変化させ、優れた操作性を実現します。

プログレッシブステアリング

steering_640x360_gear_ratio_q3.jpg

操作量に応じてギヤレシオが変わり取り回しを助けるステアリングシステム

狭い道での取り回しや、車庫入れなど、切り返しを必要とするシーンでもステアリングの操作量を減らすことのできるシステムです。
ゆるやかなカーブなど、ステアリングの舵角が小さいシーンでは穏やかな操舵感でありながら、狭い曲がり角で大きくステアリングを切るシーンではタイヤの切れ角が大きくなり、街中からロングドライブまで、幅広いシーンで走りをお楽しみいただけます。