ドライバーの死角をサポート > 安全性能/運転支援 > アウディジャパン
ドライバーの死角をサポート

ドライバーの死角をサポート

交差点、見通しの悪い道路など、公道には様々な危険が潜んでいます。Audiの先進技術は、車線変更時に死角にいる並走車、右折の際に対向大型車の陰に隠れている後続車など、様々な死角の危険に対応し、ドライバーの安全を守ります。

交差点などで前方を横切るクルマを検知して注意を喚起

01_front_cross_traffic_assist_thumb.jpg
交差点に差し掛かった際、ドライバーから見えないエリアをレーダーセンサー、サラウンドカメラを使って監視。左右から接近する車両について衝突の危険性を警告します。光と音で警告がなされ、ドライバーが反応しない場合はブレーキによる振動で作動。状況によって段階的に警告します。

死角を並走する車両を検出して、事故の危険をお知らせ

07_side_assist_youtube.jpg
車線変更の際、あなたを追い抜こうとする車両が死角にいる場合などに、システムが車線変更の危険を予測し、システムがドライバーに警告します。システムが危険と判断する状況では、エクステリアミラーに内蔵されたLEDを点灯しドライバーに警告、さらに車線変更しようとするとLEDが点滅して警告します。
Youtubeで動画を見る

右折時に対向車両や後続車の接近を知らせて衝突回避を支援

02_turn_assist_youtube.jpg
対向車、および、例えば大型トラックの背後に続く対向車もレーダーが監視します。システムが危険を感知した場合、警告をしブレーキを自動的に作動します。
Youtubeで動画を見る

対象のテクノロジー

フロントクロストラフィックアシスト

サイドアシスト

ターンアシスト