安全性能 > Audi A4 allroad quattro > A4 > アウディジャパン
Audi A4 allroad quattro 安全性能

Audi A4 allroad quattro

安全性能

運転支援機能

adapteve_cruise.jpg

アダプティブクルーズコントロール

約0km/h~250km/hで走行中、前方車両との車間距離を自動的に調整。システムがブレーキやアクセルをコントロールし、設定された車間距離を一定に保ちます。また可変スピードリミッター機能で最高速度を設定すればその速度をキープ。設定されたスピードに達するとクルマが緩やかに速度を制御します。
active_lane_assist.jpg

アウディアクティブレーンアシスト

走行速度が約65km/h ~ 250km/hまでの間、車両が走行レーンを越えないようドライバーをアシストします。認識した車線内での走行を維持するため、穏やかにステアリングを自動補正。モニタリングを継続して行うか、車線変更の直前(ステアリング操作の直前、あるいは直後)に行うかはドライバーが選択できます。ハイビームアシストを含むステアリングホイールの振動機能も追加で設定可能です。
traffic_jam_assistant.jpg

トラフィックジャムアシスト

渋滞した状況で約0km/h~65km/h走行時に、前走車に合わせて加速・減速・ステアリング操作をアシストします。走行区分線や周囲の建物、隣車線や前方を走る車両を感知。その情報からシステムが走行路を判断し、車両を導きます。
stop_go.jpg

ストップ&ゴー

ドライバーのニーズに合わせ、自動的に停車と再スタートを行います。
rear_view_camera.jpg

リヤビューカメラ

MMIディスプレイに車両後方の映像と画像を映し出すことで、駐車操作をサポートします。直角スペースへの駐車の場合、2つのモードから選択可能。選択したモードに基づいて入車経路を算出し、ガイドラインと補助線をディスプレイに表示します。リヤビューカメラは、トランクリッドのハンドル内に設置されているので、車両の外観を損ないません。リバースギア、またはセンターコンソールのボタンで起動します。
parking_system.jpg

アウディパーキングシステム

車両のフロントおよびリヤの情報を聴覚と視覚で確認でき、駐車時の操作をサポートするシステムです。バンパーに内蔵された超音波センサーが感知した情報を、MMIディスプレイに表示。リヤビューカメラまたはサラウンドビューカメラ(オプション)も装備可能です。リバースギア、またはセンターコンソールのボタンで起動します。ステアリングの角度から最適な入車経路を事前に算出し、ディスプレイの車両横にガイドラインで表示。駐車スペースからの出入車が楽に行えます。
surround_view_camera.jpg

サラウンドビューカメラ

4台の広角サラウンドビューカメラが、車両の全周囲360°を瞬時に捉え、様々な角度からの映像を映し出すことで駐車時の操作がより簡単になります。ギアをリバースに入れるか、センターコンソールのボタン(パークアシスト)で起動します。
park_assist.jpg

パークアシスト

超音波センサーを使用しクルマを停める最適な間隔を感知して、道沿いの適切な駐車スペースを探します。出入りの際、自動ステアリング操作を行うことで、ドライバーをアシストします。直角スペースヘの最適な経路や、縦列駐車スペースへの入出経路を計算。アクセル/ブレーキ操作/確認以外のステアリング操作はシステムが行います。ディスプレイに周囲の様子を映し出して確認でき、ステアリング角度に合わせて車両の前後方や横にある障害物を表示。数段階に分けてのステアリング操作にも対応します。
turn_assist.jpg

ターンアシスト

右折時のドライバーの死角も、レーダーがしっかり監視。大型トラックの背後の小型対向車も感知します。(※約2-10km/hでの走行中に限ります。)
side_assist.jpg

アウディサイドアシスト

あなたを追い抜こうとするクルマが自分の死角にいる時など、システムが車線変更の際の危険を予測し、該当する側のエクステリアミラーに搭載されたLEDが点灯してドライバーに警告を発します。2つのレーダーセンサーが隣車線の後方から近づくクルマを感知し、距離と速度差を測定。このシステムは、約15km/h~250km/hで走行している場合に作動します。
high_beam_assist.jpg

ハイビームアシスト

対向車のヘッドライトや他のクルマのリヤライト、市街地の光源などをシステムが自動的に検知。道路状況に応じてハイビームのオン/オフを自動的にコントロールします。

衝突安全性能

pre_sense_basic.jpg

アウディプレセンスベーシック

万一の事故の場合に、システムが危険を察知すると必要に応じた機能が乗員を保護するために自動的に作動します。例えばフロントのシートベルトを巻き上げて拘束力を強め、乗員の体が前方や左右に投げ出されるのを防止します。同時に、ハザードランプを点滅させ、サンルーフ(Audi A4にオプション)またはパノラマサンルーフ(Audi A4 Avantにオプション)およびウインドウを閉じます。他の車載システムと連携することで、どのような運転状況にあるのか判断し自動的に対応します。

* Audi S4 / S4 Avantにはアウディプレセンスリヤの機能として標準装備。
audi_presence_rear.jpg

アウディプレセンスリヤ

リヤバンパーに装備したレーダーセンサーが後方から接近するクルマや自転車などを監視。万一の追突の衝撃を低減させるように備えます。フロントのシートベルトを自動的に巻き上げて、乗員の注意を喚起。同時にウインドウやサンルーフ(Audi A4にオプション)またはパノラマサンルーフ(Audi A4 Avantにオプション)も閉まり、ハザードランプが点滅、周囲のクルマに注意を促します。
exit_warning.jpg

エグジットワーニング

停車時に後方から近付いてくるクルマや自転車を感知。ドアを開ける際には、ドアのストリップライトとアウディサイドアシストによるドアミラーの警告灯が点灯します。

予防安全性能

rear_cross_traffic_assist.jpg

リヤクロストラフィックアシスト

駐車スペースからバックで出る場合に、車両後方のクルマをレーダーで検知し、近づいてくるクルマをMMIディスプレイに表示します。
pre_sense_city.jpg

アウディプレセンスシティ

約10-85km/hまでの速度で、周囲のクルマや歩行者を感知。衝突の危険を予測すると、表示と音でドライバーに警告。必要に応じてブレーキ(必要な場合はフルブレーキ)を作動させ衝突回避を図り、衝突被害を軽減するようアシストします。
※各セーフティ、アシスタンス機能はあくまでもドライバーをサポートするもので制御には限界があります。システム自体はその機能の範囲内でしか作動することができません。また、気象条件や道路状況、周囲の状況等によって作動しない場合がありますのでご注意ください。運転者は周囲の状況を注意し、つねに安全運転を心がけてください。
※写真はイメージです。
※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。⽇本仕様とは異なります。
  • カタログ

    Web上でカタログ / データインフォメーションをご覧いただけます。

    各種カタログを⾒る
  • 価格シミュレーション

    ご希望の⾊や装備にカスタマイズし、その仕様での価格とお⽀払い例もご確認いただけます。
    360°Viewを使って様々な⾓度から確かめることもできます。

    Audi A4 allroad quattroのカスタマイズをする
  • 保証プログラム

    新車登録より3年間、製造上に起因する不具合が発生しても、無料にて修理を行う安心の保証プログラムです。更に安心の延長保証プログラムもご用意しております。

    保証プログラムを見る