走行性能 > Audi A5 Coupé > アウディジャパン
Audi A5 Coupé

Audi A5 Coupé

走行性能

走行性能

a5_coupe_performance_01_640×360.jpg
New Audi A5が、あなたをお好みのドライビングへエスコートします。エンジンには、2.0ℓTFSIエンジンと2種類の2.0ℓクリーンディーゼルTDIエンジンをラインアップ。2.0ℓTFSIエンジンは最高出力183kW(249PS)最大トルク370Nmを発揮し、高回転域まで息切れなく伸びやかな走りと高い燃費性能をもたらします。また、2.0ℓTDIエンジンは最大トルク380Nmを発揮し、低回転域から溢れんばかりのトルクを生み出し力強い走りと卓越した燃費効率を両立、quattroモデルには最大トルク400NmのTDIエンジンを搭載しました。
その走りにさらなる効率とドライバビリティをもたらすのが、マイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムです。ブレーキング時等に回生したエネルギーを走行に必要な動力として活用し、圧倒的な高効率を実現。約55-160km/hの間でアクセルを緩めると、エンジンを停止したコースティング走行となり燃料消費を低減します。また、停止から発進に移る際には、ベルト駆動式オルタネータースターターとエンジンをつなぐことで、走り出しがよりスムーズに。ここに、瞬速のシフトチェンジを可能にする7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、高効率で快適な走行に磨きをかけています。
a5_coupe_performance_02_640×360.jpg
4輪すべてに駆動力を配分し、様々なシーンでパフォーマンスを解き放つAudi独自の4WDシステムquattro。そのパワーは、セルフロッキングセンターディファレンシャルを介し、フロントおよびリヤアクスルに的確に配分され、様々な運転条件に対応します。通常時には、前40:後60の非対称配分で路面に吸い付くような走行安定性を実現。路面状況によってはトルク配分を前70:後30 ~前15:後85の間でダイナミックに可変制御します。オーバーステアやアンダーステアを抑制し、卓越したトラクションと優れた推進力で、思いのままの走りが愉しめます。
さらにAudi A5 Sportback / Coupé 45 TFSI quattro Slineには上記の機能に加えAWDクラッチを使用する高効率な4WDシステムで前後アクスルへトルクを最適に配分し、高効率と滑らかな加速性能、走行安定性を高いレベルで実現します。この新たに採用されたquattroシステムは、オンロードでの高速走行時など、4WDが不要な状況と判断した場合はプロペラシャフトを切り離しFWDにすることで燃費の向上を図り、オフロードや急な坂道、スリップしやすい状況などでは4WDに自動で駆動モードを切り替えます。これらの制御は「予測的に」かつ、ドライバーに切り替えを意識させることなく瞬時に行われます。
また、あなたの感性を刺激するドライビングフィールは、アウディドライブセレクトにより、オート、コンフォート、ダイナミック、エフィシェンシー、そしてインディビジュアルという異なるモードからシーンや好みに合わせて設定可能。これらの革新的な技術が精緻に組み合わされることにより、ダイナミックでインテリジェントなドライビングがあなたのものとなります。
a5_coupe_performance_03_640×360.jpg
見た瞬間にあなたの心を奪う、New Audi A5の磨き抜かれたスポーティネスとエレガンス。それは、新たなドライビング体験のほんの序章にすぎません。シートに身を委ね、機能の一つひとつをコントロールし、アクセルを踏み込み、コーナーをひとつ曲がる。その一瞬一瞬に、上質なものに触れる愉悦と走る愉しさが、あなたの心をより深く満たしていくことでしょう。Audi A5は、時代を経ても色あせない輝きをその全身に纏って、オンロードへ解き放たれる瞬間を待ちわびています。

エンジン

マイルドハイブリッド(MHEV)

12Vマイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムは、ハイブリッド機能を従来のエンジンに組み合わせることで高効率、かつ余裕のある加速感で快適なドライビングを可能にします。ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と、新たに追加された12Vリチウムイオンのセカンドバッテリーが、ブレーキング時の高いエネルギー回生を可能にしています。走行中にシステムに必要な動力を蓄電された電力が補うことで約55 ~ 160km/hの間でコースティング(惰性走行)中はエンジンを止めて走行することもでき、燃料消費とCO₂排出量低減を実現します。BASと燃焼エンジンをつなぐことで、エンジンスタートは振動が少なくスムーズで快適、またスタート/ストップ機能は約25km/h以下で利用できるため高効率です。

TFSI®エンジン

Audi TFSIエンジンは高圧縮比を実現。優れた効率性と卓越したパフォーマンスを両立します。排気量を拡大する代わりにターボチャージャーを搭載するダウンサイジングのコンセプトにより、大幅にエンジンサイズと重量を抑えることが可能となりました。スタートから驚くほどパワフルでダイナミックなパフォーマンスを発揮します。

TDI®エンジン

TDIは、ターボチャージャーにコモンレール式燃料噴射システムを搭載し、さらに最先端の排気ガス浄化システムを組み合わせたAudiが誇る新世代クリーンディーゼルエンジンです。ターボチャージャーを搭載したTDIエンジンは低回転域から力強いトルクを発揮。さらに低回転域のまま高速走行を可能とするため長い航続距離を実現します。また非常に効率的な燃焼により燃料消費を抑え、優れた燃費を達成。力強いトルクフルな動力性能と卓越した燃費効率と静粛性、経済性を同時に兼ね備えます。

quattro®

quattro®

4輪すべてに駆動力を配分し、様々なシーンでパフォーマンスを解き放つAudi独自の4WDシステムquattro。そのパワーは、セルフロッキングセンターディファレンシャルを介し、フロントおよびリヤアクスルに的確に配分され、様々な運転条件に対応します。通常時には、前40:後60の非対称配分で路面に吸い付くような走行安定性を実現。路面状況によってはトルク配分を前70:後30~前15:後85の間でダイナミックに可変制御します。オーバーステアやアンダーステアを抑制し、卓越したトラクションと優れた推進力で、思いのままの走りが愉しめます。
さらに、Audi A5 Sportback / Coupé 45 TFSI quattro S lineには上記の機能に加え道路状況に応じてAWDクラッチにより前後アクスルへトルクを配分する、新たに開発されたquattroを採用しています。新世代の4WDシステムはインテリジェントなquattroの制御により、絶えず走行条件をモニターしつつ、状況に合わせて最適な駆動トルクを前後アクスルに配分。オンロードの高速走行時など、走行状況が4輪駆動を必要としない場合は、リヤアクスルのドライブトレーン全体を切り離しプロペラシャフトの回転を停止し、前輪のみに駆動を伝えることができ、高効率を実現。常に前方の路面状況をモニターし、コーナーや坂道、スリップしやすい路面など、4WD走行が必要と判断したときには、ドライバーに気づかせないほどスムーズかつ瞬時に4WDによる走行へ。また、コーナリング時のダイナミクスは向上し、より正確なハンドリングが得られます。

トランスミッション

7速Sトロニック

軽量構造と効率性向上を実現する7速ギアを備えたデュアルクラッチトランスミッション。2枚のクラッチを採用し常にどちらかのクラッチがスタンバイすることにより、推進力の途切れを感じさせることなく、瞬く間にギアを切り替えられます。またデュアルマスフライホイールにより、トランスミッションは低速度域においても効率的で快適なドライビング体験を約束します。

スペック

a5_coupe_performance_spec_640×360.jpg

主要諸元

エンジン性能や燃費をはじめとした、各種スペック情報をご確認いただけます。
主要諸元を確認する
※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。日本仕様とは異なります。