走行性能 > Audi RS 5 Coupé > アウディジャパン
Audi RS 5 Coupé 走行性能

Audi RS 5 Coupé

走行性能

走行性能

my21_rs5cp_performance_thumb_640x360_1.jpg
ステアリングを握り走り始めた時、New Audi RS 5 Coupéの類い希なドライビングダイナミズムは忘れられない体験としてあなたの心に刻まれることでしょう。2.9ℓ V6ツインターボエンジンから豊かに湧き上がる最高出力331kW(450PS)、最大トルク600Nm(61.2kgm)という圧倒的なパフォーマンス。そして、効率性とレスポンスに優れ、瞬時にギアチェンジを完了する8速ティプトロニックと、エンジンが生み出す力を余すところなく路面に伝えるAudi独自の4WDシステムquattroが、持てるパワーをダイレクトな推進力へと変換していく感覚は感銘を覚えるほど。トップスピードは280km/hに到達し、0-100 km/hの加速はわずか3.9秒。さあ、RSモデルでしか味わえない胸高鳴る走りの世界があなたを待っています。

シャシー / サスペンション

DRC付スポーツサスペンションプラス

可変式のダンパーとコイルスプリングを搭載した一体チューブ型のショックアブソーバーと連結し、ピッチングとローリングの動きをコントロール。アウディドライブセレクトとも連動して優れたロードホールディングを発揮し、スポーティなハンドリングが愉しめます。

トランスミッション

my21_rs5cp_performance_thumb_640x360_2.jpg

8速ティプトロニック

8速ティプトロニックは、効率性とレスポンスに優れたトランスミッションで、瞬時にギアチェンジを完了します。8速ギアを採用することで、エンジンはほぼ理想的なエンジン回転数を維持します。ローギアは加速性が良く、ハイギアはエンジン回転数を抑えることで効率よく走ることができます。また、ダイナミックシフトプログラムによってトランスミッションをコントロール。D(ドライブ)モードでは、ハイギアと低いエンジン回転数を選択し、効率的なドライビングスタイルを実現。S(スポーツ)モードでは、高めのエンジン回転数に設定されるギアチェンジポイントにより、オートマチックモードでのよりスポーティなドライビングスタイルをもたらします。マニュアルモードはドライビングを意のままに堪能したい時や、エンジンブレーキを効かせたい場合などに最適です。これらの切り替え操作はステアリングホイールのパドルシフトを使うか、セレクターレバーで可能です。

quattro®

my21_rs5cp_performance_thumb_640x360_3.jpg

quattro®

目覚ましいトラクション、高まるドライビングダイナミクス、そして安全なドライビング。エンジンのパワーを的確に路面に伝えるドライブトレインの中核を成すのがセルフロッキングセンターディファレンシャルです。プラネタリーギアが、駆動トルクを非対称に配分。前後アクスルに40:60の比率を基本に、必要に応じて、フロントに最大70%、リヤに最大85%を配分可能で、ホイールスリップも制御しドライビングダイナミクスをより向上させます。ホイールセレクティブトルクコントロールを用いることで、駆動力はドライビング状況に応じて各ホイールに個別に配分されます。特筆すべきは、不要なスリップが起きる前にトルク配分の効果が感じられる点です。結果的に、コーナリングをサポートするヨーモーメントが発生し、正確にコントロールされた、スポーティなハンドリングを実現、俊敏性を高めると同時に優れたトラクションを生み出します。また、ドライビングダイナミクスをまったく新たな次元にまで引き上げる、リヤスポーツディファレンシャルを標準装備しています。

スペック

rs5cp_performance_accx_640x360.jpg

主要諸元

エンジン性能や燃費をはじめとした、各種スペック情報をご確認いただけます。
主要諸元を確認する
※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。⽇本仕様とは異なります。