走行性能 > Audi S5 Coupé > アウディジャパン
Audi S5 Coupé 走行性能

Audi S5 Coupé

走行性能

走行性能

s5cp_performande_640x360_01.jpg
最高出力260kW(354PS)、最大トルク500Nm(51.0kgm)を発生する3.0ℓV型6気筒TFSIエンジンが生み出すパワーを自在に操り、思いのままのドライビングをお愉しみいただけるよう、減衰力を制御するダンピングコントロールSスポーツサスペンションや、ロードホールディング力を高めるリヤスポーツディファレンシャルを搭載。

エンジン

TFSI®エンジン

Audi TFSIエンジンは高圧縮比を実現。優れた効率性と卓越したパフォーマンスを両立します。排気量を拡大する代わりにターボチャージャーを搭載するダウンサイジングのコンセプトにより、大幅にエンジンサイズと重量を抑えることが可能となりました。スタートから驚くほどパワフルでダイナミックなパフォーマンスを発揮します。

トランスミッション

8速ティプトロニック

素早くスムーズな変速と効率性、レスポンスに優れたトランスミッションです。8速ギアを採用することで、様々なシーンでエンジンはほぼ理想的な回転数を維持。ローギアは優れた加速を、ハイギアはエンジン回転数を抑えた静かで低燃費な走りを可能にします。

quattro®

quattro®

4輪すべてに駆動力を配分し、様々なシーンでパフォーマンスを解き放つAudi独自の4WDシステムquattro。そのパワーは、セルフロッキングセンターディファレンシャルを介し、フロントおよびリヤアクスルに的確に配分され、様々な運転条件に対応します。通常時には、前40:後60の非対称配分で路面に吸い付くような走行安定性を実現。路面状況によってはトルク配分を前70:後30~前15:後85の間でダイナミックに可変制御します。オーバーステアやアンダーステアを抑制し、卓越したトラクションと優れた推進力で、思いのままの走りが愉しめます。

リヤスポーツディファレンシャル

電子制御式スポーツディファレンシャルが、左右の後輪の駆動力配分を最適に制御します。電子制御式油圧多板クラッチにより理想的なトルク配分を計算して、トルクをリヤホイール間に積極的かつ可変的に配分します。特にコーナリング時においてコーナー進入の早い段階でアンダーステアやオーバーステアを 抑制し、卓越した敏捷性と意のままのドライビングダイナミクスを実現します。

ハイブリッド

マイルドハイブリッド(MHEV)

12Vマイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムは、ハイブリッド機能を従来のエンジンに組み合わせることで高効率、かつ余裕のある加速感で快適なドライビングを可能にします。ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と、新たに追加された12Vリチウムイオンのセカンドバッテリーが、ブレーキング時の高いエネルギー回生を可能にしています。走行中にシステムに必要な動力を蓄電された電力が補うことで約55 ~ 160km/hの間でコースティング(惰性走行)中はエンジンを止めて走行することもでき、燃料消費とCO₂排出量低減を実現します。BASと燃焼エンジンをつなぐことで、エンジンスタートは振動が少なくスムーズで快適、またスタート/ストップ機能は約25km/h以下で利用できるため高効率です。

サスペンション

ドライブセレクト

ボタンひとつで走行特性を状況や好みに合わせて切り替えることが可能です。スポーティ、快適性、優れたバランス、効率を高める機能、さらにはあなたのニーズでカスタマイズ可能など、自由自在に設定をお選びいただけます。

スペック

s5cp_common_accx_640x360.jpg

主要諸元

エンジン性能や燃費をはじめとした、各種スペック情報をご確認いただけます。
主要諸元を確認する
※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。⽇本仕様とは異なります。