走行性能 > A7 Sportback > A7 > アウディジャパン
Audi A7 Sportback 走行性能

Audi A7 Sportback

走行性能

Audi A7 Sportback
走行性能

※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。日本仕様とは異なります。

a7sb_performnce_01.jpg

TFSI®エンジン

Audi A7 Sportbackに用意された3.0ℓ V6 TFSI エンジンは、ツインスクロールターボを採用し、最高出力250kW(340PS)、最大トルク500Nm(51.0kgm)を発揮。0-100km/h加速をわずか5.3秒、最高速度は250km/hに達します。
a7sb_performnce_02.jpg

7速Sトロニック

軽量構造と効率性向上を実現する7速ギアを備えたデュアルクラッチトランスミッション。2枚のクラッチを採用し常にどちらかのクラッチがスタンバイすることにより、途切れることのない瞬速のギアチェンジが可能。デュアルマスフライホイールにより、トランスミッションは低速度域においても効率的で快適なドライビング体験を約束します。
a7sb_performnce_03.jpg

quattro®

4輪すべてに駆動力を最適に配分する、Audi独自の4WDシステムquattro®。状況に応じて、センターディファレンシャルによりトルク配分を可変制御し、かつてないハンドリングの安定感、ダイナミズム、敏捷性を実現。速度や天候を問わず、卓越したトラクションで思いのままの走りが愉しめ、常に路面に吸い付いているかのようなドライビングフィールが得られます。
a7sb_performnce_04.jpg

マイルドハイブリッド(MHEV)

48Vのマイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムは、ハイブリッド機能を従来のエンジンに組み合わせることで高効率的で快適なドライビングを可能にしました。ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と追加されたリチウムイオンバッテリーが、ブレーキング時には最大12kWという高いエネルギー回生を可能にしています。走行中にシステムに必要な動力を48V電源システムが補うことで55~160km/hの間でコースティング(惰性走行)中はエンジンを止めて走行することもでき、燃料消費/CO₂排出量低減を実現します。BASと燃焼エンジンをつなぐことで、さらに快適で振動の少ないエンジンスタートを実現。またスタート/ストップ機能は22km/h以下で利用でき、さらなる高効率を実現しています。

※写真はイメージです。
a7sb_performnce_05.jpg

ダイナミックオールホイールステアリング*

ダイナミックオールホイールステアリング*は速度に応じてステアリングのギアレシオが可変制御されるダイナミックステアリングに4輪操舵のオールホイールステアリングを組み合わせることで生まれたハンドリング性能をさらに高める先進テクノロジーです。走行状況に応じてアシスト量、舵角量をコントロールでき、ワインディングロードや高速走行ではリヤホイールがフロントと同じ方向へ動くことで、卓越した走行安定性とドライビングダイナミクスが向上。車線変更もスムーズに行えます。低速走行時にはリヤホイールをフロントとは反対方向に曲げることでクルマの最小回転半径が約5.2mに。車両に高い俊敏性と操作性をもたらし、取り回しが楽に行えます。

※写真はイメージです。
a7sb_performnce_06.jpg

ダンピングコントロールサスペンション*

ステアリング角、アクセル開度、ブレーキシステム等の様々なドライビング状況や路面条件に対して4つのそれぞれのダンパーを、電子制御で連続かつ可変的に減衰力をコントロールします。ドライバーの好みや走行シーンに合わせて、ダイナミックまたはコンフォート重視のダンピング設定も可能です。設定はアウディドライブセレクトから選択できます。

*ドライビングパッケージとしてセットオプション。
※写真はイメージです
a7sb_performnce_07.jpg

アウディドライブセレクト

走りの特性をシーンや走行状況、好みに合わせて選択することができます。オート、コンフォート、ダイナミック、エフィシェンシーの各モードから、パワーステアリングのアシスト量、エンジン、ギアチェンジ特性、ダンパーコントロールの設定を変更できます。
a7_sportback_cta_accx_883x497_01.jpg

主要諸元

エンジン性能や燃費をはじめとした、各種スペック情報をご確認いただけます。
主要諸元を確認する

Audi A7 Sportbackの実車をショールームで体感