走行性能 > Audi RS 7 Sportback > アウディジャパン
Audi RS 7 Sportback 走行性能

Audi RS 7 Sportback

走行性能

走行性能

rs7_sportback_performance_01_640x360.jpg
エンジンがその唸りを上げるたびに、呼び覚まされる胸に秘めたスポーツマインド。
Audi RS 7 Sportbackに搭載された4.0ℓ V型8気筒TFSIエンジンは、最高出力441kW(600PS)を6,000rpmから6,250rpmの高回転域で発揮し、800Nmに達する最大トルクを2,050rpm から4,500rpmの広い回転域で発生させます。
ここに効率性とレスポンスに優れ、瞬時にギアチェンジを完了する8速ティプトロニックとAudi独自の4WDシステムquattroを組み合わせ、持てるパワーをダイレクトに推進力へと変換することで、0-100km/hまでわずか3.6秒*で到達。
さらに、低負荷時に8気筒のうち4気筒を自動的に停止させ、燃料消費量とCO2排出量を低減するシリンダーオンデマンド効率システム(cod)を組み合わせることで、絶大なパワーと、鋭く研ぎ澄まされたアクセルレスポンスを誇りながら、効率性でもさらなる高みを追求しました。
48Vのマイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムは、ハイブリッド機能を従来のエンジンに組み合わせることで高効率的で快適なドライビングを実現。
ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と追加されたリチウムイオンバッテリーが、ブレーキング時には最大12kWという高いエネルギー回生を可能に。
走行中にシステムに必要な動力を48V電源システムが補うことで55-160km/hの間でコースティング(惰性走行)中はエンジンを止めて走行することもでき、燃料消費/CO2排出量低減を叶えます。BASと燃焼エンジンをつなぐことで、さらに快適なエンジンスタートを実現。
またスタート/ストップ機能は22km/h以下で利用でき、さらなる高効率を追求しました。
溢れんばかりのパワーは、革新的機能という知性を纏って新たなドライビングエクスペリエンスの扉を開きます。
* メーカー測定値
rs7_sportback_performance_02_640x360.jpg
険しい道のりさえも涼しい顔で切り拓くあなたにとって、Audi RS 7 Sportbackが最高のパートナーになるのは言うまでもありません。
あらゆる路面状況や走行シーンで、優れたパフォーマンスを発揮する4WDシステムquattroは、
セルフロッキングセンターディファレンシャルを介してフロントとリヤに的確にトルクを配分します。
通常時には、前40:後60の配分で路面に吸い付くような走行安定性を実現。
路面状況に応じて、トルク配分を前70:後30~前15:後85の間でダイナミックに可変制御し、卓越したトラクションと優れた推進力をもたらします。
また、RS専用にスポーティなチューニングを施したRSアダプティブエアサスペンションを標準で搭載。
走行状況に応じて、サスペンションそれぞれの減衰力を瞬時に制御することで、落ち着いた乗り心地と走行性能を両立します。
さらに、前輪のみならず後輪も操舵するオールホイールステアリングが俊敏な応答性と優れた操縦安定性を実現。
これに加え、コイルスプリングとダンピングコントロールサスペンションにダイナミックライドコントロール(DRC)を組み合わせ、グリップレベルとハンドリングを向上するRSスポーツサスペンションプラス*がオプションで選択可能です。
あなたの感性を刺激するドライビングフィールは、アウディドライブセレクトにより、ダイナミックに、あるいはコンフォートに、シーンや好みに合わせて設定可能。
マルチファンクションパドルシフト付きステアリングのボタンからも、設定を簡単に切り替えることができ、求めているドライビングフィールをいつでも堪能できます。
* オプション

シャシー/サスペンション

RSアダプティブエアサスペンション

車高とダンピングを自動制御し、4輪すべての減衰特性を無段階に適応させる電子制御アダプティブエアサスペンション。その機能をベースに、よりスポーティなRS専用チューンを施し、マニュアルレイズ機能も搭載しました。アウディドライブセレクトから車高の設定を含めた様々なモードの選択が可能です。

スペック

rs7_sportback_performance_03_640x360.jpg

主要諸元

エンジン性能や燃費をはじめとした、各種スペック情報をご確認いただけます。
主要諸元を確認する

※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。⽇本仕様とは異なります。