rs7_sb_pf_performance_main.jpg

Audi RS 7 Sportback performance
走行性能

過酷なレースを戦い抜くために開発された数々のテクノロジーが、これまでにないレベルのスポーツドライビングを実現します
TFSIⓇエンジン
rs7_sb_pf_performance_01.jpg
4.0ℓの直噴V8DOHCツインターボエンジンは、先代モデルの412kW(560PS)から445kW(605PS)へと、45PSもパワーアップ。一時的に使えるオーバーブーストモードでは、通常時700Nmの最大トルクを750Nmまで増大させることができます。8速のティプトロニックトランスミッションとの組み合わせで、0-100km/h加速3.7秒*1、200km/hまで8.4秒*1、最高速305km/h*2のパフォーマンスを誇ります。

*1 オーバーブーストモード使用時。数値はメーカー測定値となります。
*2 スピードリミッター制御。
DRC付スポーツサスペンションプラス
rs7_sb_pf_performance_02.jpg
スチール製コイルバネと単筒式ガスショックアブソーバーが油圧制御により、ピッチとロールの傾きを軽減。DRC(ダイナミックライドコントロール)の制御範囲は、アウディドライブセレクトを介してCOMFORT(コンフォート)、AUTO(オート)、DYNAMIC(ダイナミック)の3つのモードから選択できます。

リヤスポーツディファレンシャル
rs7_sb_pf_performance_03.jpg
電子制御のスポーツディファレンシャルが、各車輪に駆動力を可変配分し、荷重変動に対するクルマの挙動を安定させ、コーナリングにおいて高いパフォーマンスを発揮します。ダイレクトなステアリングレスポンスが得られ、最低限のハンドリングで、敏捷なフットワークを実現します。
ESC(エレクトロニック スタビリゼーション コントロール)
rs7_sb_pf_performance_04.jpg
さまざまな安全機能と連携し、操縦安定性を統合的に電子制御。複数のセンサーが車両の挙動を常にモニターし、スリップ等の危険性を察知した瞬間、トルクを自動的に調整してクルマを正常な走行軌道に修正します。さらに、quattro®と連動することで4輪すべての制御が可能となり、かつてない安定感ある走りをもたらします。

※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。
お近くのAudi正規ディーラーはこちらから Audi正規ディーラー検索
ご試乗のお申込みはこちら Audi RS 7 Sportback performance 試乗予約