エクステリア > Audi Q2 > アウディジャパン
Audi Q2 エクステリア

Audi Q2

エクステリア

デザイン

q2_design_883x496_exterior_01.jpg

面の組み合わせが斬新かつ個性的なポリゴンデザインコンセプト

Audi Q2は、多角形/多面性を組み合わせた、ポリゴンデザインコンセプトを採用しました。シングルフレームグリルから大きなルーフスポイラーのテールエンドまで、複雑な面の組み合わせで生まれた直線や曲線によって、コンパクトなサイズながら斬新で存在感のあるエクステリアに仕上げました。
my19_q2_design_exterior_02_2.jpg

個性を主張するリヤビュー

Audi Q2のスタイリングの特徴は、リアエンドの造形にもしっかりと表現されています。クーペのような曲線を描くルーフラインは、ボディ色と絶妙なコントラストを醸し出すカラーリングが施されたCピラーのブレードへと導かれ、力感溢れるリヤバンパーやリヤディフューザーとも融合してシャープな後ろ姿を完成させています。Cピラーのブレードはボディと同色か、あるいはアイスシルバーメタリック、マットチタングレーが用意されており、リヤビューにさらなるファッション性とアクセントをもたらします。
q2_design_883x496_exterior_02.jpg

街中で活きる取り回しの良いコンパクトボディ

SUVの高い車高には、良好な視界、路面と接触しにくい、乗り降りしやすい、といったメリットがありますが、立体駐車場の高さ制限が気になるなどの悩みも抱えていました。しかし、Audi Q2は全高を1,500mmとすることで立体駐車場の高さ制限をクリア。また車幅1,795mmのサイズと5.1mという抜群の最小回転半径によって、細かなハンドル操作が求められる街中のドライブや車庫入れ、縦列駐車のようなシーンにおける扱いやすさも実現しました。

ギャラリー

すべての画像をダウンロードする
00:00 | 00:00
q2_design_1920x1080_exterior_gallery_01.jpg
q2_design_1920x1080_exterior_gallery_01.jpg
  • Audi Q2

  • Audi Q2

  • Audi Q2

  • Audi Q2

  • Audi Q2

  • Audi Q2

※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。⽇本仕様とは異なります。