安全性能 > R8 Coupé > R8 > アウディジャパン
Audi R8 Coupé 安全性能

Audi R8 Coupé

安全性能

Audi R8 Coupé
安全性能

※写真は欧州仕様です。日本仕様と異なります。

安全に高性能を楽しむためのハイテクノロジー

過酷なモータースポーツで磨き上げたノウハウが息づくAudi R8 Coupé V10 performance quattroは、高性能なだけでなく、可能な限り安全にその実力を発揮できるように設計されています。軽量・高剛性のボディ構造、まるで路面を掴むような的確なトラクションと意のままに操れる高いハンドリングダイナミクスは、公道での余裕ある走行安全性を実現。従来のLEDの3倍の照射距離を実現したレーザーライト、音と映像で駐車操作をアシストするアウディパーキングシステムなど、先進テクノロジーが安全で快適なドライビングを見守ります。

Audi R8 Coupé






r8_safety_object_1920x1080_4.jpg

LEDの3倍もの照射距離で夜道を照らすレーザーハイビーム

Audi R8には、対向車両のヘッドライトや前方車両のリヤライト、市街地の光源などを検知。道路状況に応じてLEDハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシストを搭載。車速約60km/h以上でレーザー光がLEDハイビームを補完するレーザーハイビームも備えています。LEDハイビームよりも明るいだけでなく、3倍の照射距離を持ち、照射範囲を大幅に拡大することで高い視認性と安全性をもたらすレーザーライトは、ライティングテクノロジーにおけるブレークスルーとなる驚異的な新技術です。

アウディパーキングシステム

前後バンパーに内蔵された超音波センサーが距離を測定し、障害物からの距離を音声で示すことで、駐車操作をアシスト。バーチャルコックピット上にも視覚的に表示されます。リバースギアの選択時、またはセンターコンソール上のボタンで起動します。

アウディパーキングシステム リヤビューカメラ

バーチャルコックピットに車両後方エリアの映像を映し出すことで駐車操作をサポートします。ダイナミックディスプレイモードで操舵角から計算した入車経路を確認可能。縦列駐車の際にはガイドラインと補助ラインのほか、ハンドルを切り返すポイントも表示。リヤビューカメラは、リヤエンドの目立たない場所に設置されています。リバースギアの選択時、またはセンターコンソール上のボタンで起動します。

クルーズコントロール

高速道路などで走行中に車速約30km/hからシステムがアクセルやブレーキをコントロールし、一定の走行速度を維持します。ステアリングコラムに装備されたレバーで操作し、設定速度はバーチャルコックピットに表示。速度リミッターで上限を設定することもできます。
※各セーフティ、アシスタンス機能はあくまでもドライバーをサポートするもので制御には限界があります。システム自体はその機能の範囲内でしか作動することができません。また、気象条件や道路状況、周囲の状況等によって作動しない場合がありますのでご注意ください。運転者は周囲の状況を注意し、つねに安全運転を心がけてください。
※写真はイメージです。

オンラインでお好みのスタイルに簡単シミュレーション

r8_cta_883x497_accx.jpg

価格シミュレーション

ボディカラーやインテリア、装備、ホイールなど、シミュレーションで自分好みのカスタマイズを何度でもお試しいただけます。印刷も可能です。また、自分好みにカスタマイズしたモデルの価格とお支払いのシミュレーションもご確認いただけます。
Audi R8 Coupéのカスタマイズをする

Audi R8 Coupéの実車をショールームで体感

※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。