安全性能 > Q8 > Q8 > アウディジャパン
Audi Q8

Audi Q8

安全性能

Audi Q8
安全性能

さらなる進化を遂げたアシスタンス&セーフティテクノロジー

Audi Q8には、先進のドライバーアシスタンス&セーフティテクノロジーを惜しみなく投入しています。
複数のレーダーやカメラにより周囲の状況を的確に捉えるとともに、従来、個々で作動していたひとつ一つの機能を連携させることで、より高度で繊細な制御を実現。
高速道路での渋滞、街中の右折や車線変更時の死角など、様々な場面でドライバーをサポート。
快適性と安心感に包まれた、かつてない新しいドライビング体験をお届けします。

q8_safety_01.jpg

アダプティブドライブアシスト

アダプティブドライブアシストは、アダプティブクルーズコントロールとアクティブレーンアシスト、それらを組み合わせたトラフィックジャムアシストの機能から構成されています。高速道路などで車速0~約250km/hの間での走行時に作動し、クルマのフロントエンドに装備されたレーダーセンサー、フロントカメラ、超音波センサーを用いて、絶えず周囲を監視。設定速度での巡航のほか、前車に追従して発進、走行、停止し、走行レーンから逸脱しないよう穏やかにステアリング修正操作をアシストします。
q8_safety_02.jpg

アウディプレセンスシティ

フロントカメラや各種センサーからのデータを用いて衝突の危険性を監視。前方への衝突が差し迫っているとシステムが判断すると、車速と状況に応じて段階的にドライバーに警告。状況に応じてブレーキ(さらに必要な場合はフルブレーキ)を作動させ衝突を回避、もしくは衝突被害を軽減するようアシストします。約10-85km/hの車速で歩行者や自転車を、約250km/h以下の車速で他の車両を検知します。
q8_safety_04.jpg

パークアシスト

システムが複数のレーダーやカメラにより周囲の状況を感知し、ドライバーに伝えることで、駐車時の操作をより簡単に行えるようになります。
自車の全周囲360度を捉え、様々な角度からの映像を映し出すサラウンドビューカメラや、障害物や縁石などのタイヤの真横の状況をモニターに映しだすカーブストーンアシスト、バックして路上に出る際の衝突の危険を警告するリヤクロストラフィックアシスト *など、様々な機能が駐車時の安全性と操作をサポートします。

* コンフォートアシスタンスパッケージとしてセットオプション。
q8_safety_03.jpg

サラウンドビューカメラ

4台の広角カメラで自車の全周囲360度を捉え、様々な角度からの映像を映し出すことで、駐車時の操作をより簡単に行えるようになります。これまでにあった、上空からの俯瞰映像だけでなく、合成された車体を360度の3Dビューで表示することができ、MMIタッチディスプレイによって車体の映像を指先で角度を変えて確認できます。

※写真はAudi A6 Avantをベースとしたイメージです。
※各セーフティ、アシスタンス機能はあくまでもドライバーをサポートするもので制御には限界があります。システム自体はその機能の範囲内でしか作動することができません。また、気象条件や道路状況、周囲の状況等によって作動しない場合がありますのでご注意ください。運転者は周囲の状況を注意し、つねに安全運転を心がけてください。
※写真はイメージです。

オンラインでお好みのスタイルに簡単シミュレーション

q8_cta_accx_883x497_01.jpg

価格シミュレーション

ボディカラーやインテリア、装備、ホイールなど、シミュレーションで自分好みのカスタマイズを何度でもお試しいただけます。印刷も可能です。また、自分好みにカスタマイズしたモデルの価格とお支払いのシミュレーションもご確認いただけます。
Audi Q8のカスタマイズをする

Audi Q8の実車をショールームで体感

cta_883x496_dealersearch.jpg

ディーラー検索

郵便番号や都道府県から、お近くのAudi正規ディーラーを検索することができます。
Audi正規ディーラーを探す
※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。