走行性能 > R8 Coupé > R8 > アウディジャパン
Audi R8 Coupé 走行性能

Audi R8 Coupé

走行性能

Audi R8 Coupé
走行性能

※写真は欧州仕様です。日本仕様と異なります。

Audi R8 Coupé エンジン性能

620

PS(456kW)

5.2ℓV10 FSIエンジンの最高出力 / Audi史上最強の高性能

331

km/h

サーキットにおける最高速度 / リミッター制御による

3.1

0-100km/h加速タイム / メーカー計測値

更なる進化を遂げ、遂に620PSに到達した5.2ℓV10 FSIエンジン

車体中央には5.2ℓの排気量をもつV10 FSIエンジンが、ショーケースに飾られた宝石のように美しく収められています。それはさらなる進化を遂げ、最高出力456kW(620PS)、最大トルク580Nm(59.1kgm)を発生し、100km/hまでわずか3.1秒*1という、息を呑む圧倒的な加速を実現。最高速は331km/h*2に達します。そして、このハイパワーはギアチェンジを100分の数秒で完了させる7速Sトロニックのデュアルクラッチトランスミッションと、4WDシステムquattroⓇによって、余すところなく路面へ伝えられます。さらに、このエンジンは低負荷時には、片側のシリンダーバンクの噴射と点火を停止し、10本のうち5本のシリンダーだけが動作を続けるアウディシリンダーオンデマンドにより、燃費とCO₂排出の数値を向上させます。一方、アクセルを踏み込むと動作を止めていたシリンダーは、ミリ秒単位で瞬時に再点火。再びフルパワーを発揮します。

*1 数値はメーカー測定値となります。
*2 スピードリミッター制御

Audi R8 Coupé
  • r8_performance_object_883x497_1.jpg
    サスペンション

    アウディマグネティックライドは、走行状況に基づいて減衰力を制御することで快適な乗り心地とドライビングダイナミクスを向上させるアダプティブダンパーシステムです。アウディドライブセレクトにより、ショックアブソーバーの特性曲線を変化させることでサスペンション設定をオート、コンフォート、ダイナミックの3つから選択でき、Audi R8のオールアルミのダブルウィッシュボーンサスペンションと相まって、快適性と卓越した走りを愉しめます。選択したモードに応じて、対応するドライビング状況に合わせ一瞬にしてダンピングフォースを調整します。微細な磁粉を含むオイルが、ショックアブソーバーピストンの中を循環。電圧がショックアブソーバーのコイルに加わると、磁場が生まれ、1,000分の数秒のうちに粒子を再編成します。それらがオイルに対して反対側に向かって流れるため、ピストンチャネルを通るオイルの流れを制限します。このシステムの制御ユニットは、絶えず個別のホイールについて、センサーからの豊富なデータを基に最適な値を算出。安定性重視のバランスのとれたセッティングからスポーティでダイレクトな設定までステアリングのボタン一つで、まさにテーラーメイドの走りを堪能できます。

  • r8_performance_object_883x497_2.jpg
    ドライブセレクト

    Audi R8にはアウディ ドライブセレクトを標準装備。ステアリングホイールに設けられたボタンひとつで、エンジン、ステアリング、4WDシステムquattro、トランスミッションなどの特性を切り替えられます。それぞれに刻々と変化するドライビング状況に合わせて4つの異なるモード(オート、コンフォート、ダイナミック、インディビジュアル)を選べます。「オート」は心地よく楽しめる走りに、「コンフォート」はリラックスした長距離ドライブに最適です。「ダイナミック」はより大胆なスポーツドライビングに。そして「インディビジュアル」モードはドライバー自身が各種の特性を好みに合わせて自由に設定できるモードです。

r8_cta_883x497_accx.jpg

主要諸元

エンジン性能や燃費をはじめとした、各種スペック情報をご確認いただけます。
主要諸元を確認する

Audi R8 Coupéの実車をショールームで体感

※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。