atc_2017_final.jpg

Audi Twin Cup
2017 ジャパン ファイナル

全国のAudi正規ディーラーからサービス技能日本一を決定

2018年2月14日、大阪のリーガロイヤルホテルにて、「Audi Twin Cup 2017 Japan Final(アウディ ツイン カップ 2017 ジャパン ファイナル)」を開催しました。審査の結果、テクノロジー部門ではAudi 高松、サービス部門ではAudi 熊本が1位に輝きました。

Audi Twin Cup 2017では、全国のAudi正規ディーラーに所属するテクニシャン、サービスアドバイザーの総勢662名が2回に渡るオンラインでの筆記試験による予選にチャレンジし、勝ち残ったサービス部門12チーム(12名)およびテクノロジー部門12チーム(36名)がJapan Finalで、熱い競技を繰り広げました。

テクノロジー部門では実車を用いた故障診断および修理、サービス部門では入庫受付を想定し、顧客の指摘から不具合箇所を特定するなどの実技試験に加えて、それぞれの学科試験の成績を加えた総合成績で競いました。

この結果を元に、テクノロジー部門の1位チームと、サービス部門の1位から3位の3名は、2018年夏にオーストリアで開催予定の「第14回 Audi Twin Cup World Championship(アウディ ツイン カップ ワールド チャンピオンシップ)」に日本代表として出場し、世界一の座を競います。



Audi Twin Cup 2017 Japan Final 審査結果(敬称略)

<テクノロジー部門>
1位 Audi 高松(川東 敦彦、岸 秀明、池田 将道)
2位 Audi 熊本(上 卓洋、上木 良、太田 健二)
3位 Audi 調布A(中西 健太郎、山田 翔、有馬 慎二)
<サービス部門>
1位 Audi 熊本(大磧 数敏)
2位 Audi 箕面(荒井 和樹)
3位 Audi 足立B(安岡 章雄)

Audi Twin Cup 2017 Japan Final

フォトギャラリーを見る