970x407_world2011_1.jpg

Audi Twin Cup2011 世界大会 テクノロジー部門において日本代表が世界No.1を獲得

日本代表が初優勝、顧客満足度の向上に注力していることを証明

2011年10月4日から7日までスペインで開催された「第7回Audi Twin Cup ワールドチャンピオンシップ」において、日本代表チームであるAudi 高松がテクノロジー部門において初優勝を遂げました。今回はじめて日本代表が世界一の座を獲得したことは、Audiの成長戦略の要素のひとつである顧客満足度の向上に注力していることを証明するものです。   「Audi Twin Cup」は、サービスクオリティの向上を目的としたサービス技能コンテストで、全世界で毎年開催。各国の優勝チームは、その国の代表としてワールドチャンピオンシップに出場し、Audi世界一の座を競います。今年は35カ国から66チームが参加しました。   昨年開催された日本大会には、テクノロジー部門80チーム、およびサービス部門106チームが参加。テクノロジー部門ではAudi 高松が、サービス部門ではAudi 月寒が優勝し、2011年のAudi Twin Cup ワールドチャンピオンシップへの切符を手にしていました。   「Audi Twin Cup」には、メカニックによる整備技術を競う「テクノロジー」と、点検や整備で車両をお預かりする際、オーナー様とのコミュニケーションスキルを見る「サービス」の2部門があり、 Twin Cupという名称もこの2部門に由来するものです。また競技は学科だけでなく、実車を使用した実技もともない、あらかじめ車両に設定された不具合の故障診断や、不具合原因を見つけ出すことなどの課題を制限時間内にこなすことが求められます。評価ポイントは、「態度」「プロセス」「品質」「時間」。複数の原因が絡み合ったものなので、テクニックのみならず作業の確実性と迅速さも重要です。