Motorsport > Audi Sport > アウディジャパン
MOTORSPORT

MOTORSPORT

技術の実験室は新たなステージへ

アウディのファクトリーチームとしてのフォーミュラーEへの参戦は、2021年シーズンで最後となり、2022年の1月、アウディは、モータースポーツの世界における最も過酷なレース、ダカールラリーに挑戦します。
今後、ダカールラリーは、フォーミュラEに代わり、アウディがファクトリー体制で参戦する舞台となります。

MOTORSPORT

アウディは、モータースポーツの世界における最も過酷なレース、ダカールラリーに、2022年に革新的なプロトタイプで参戦します。このプロトタイプには、電動ドライブトレイン、高電圧バッテリー、高効率なエネルギーコンバーターを組み合わせたドライブコンセプトが初採用。クロスカントリーラリーへの参戦は、将来のファクトリー体制によるモータースポーツへの取り組みの先駆けとなるものです。

AUDI AG取締役会会長 兼 テクニカルデベロップメント&プロダクトライン担当取締役のマルクス ドゥスマンは、次のように述べています。「モータースポーツへの多角的な取り組みは、アウディの事業戦略における不可欠な部分であり、今後も継続的に実施します。私たちは、国際的なトップレベルのモータースポーツにおいて、ブランドのスローガンである“Vorsprung durch Technik”(技術による先進)を示し続け、量産車向けの革新的なテクノロジーを開発したいと考えています。世界で最も過酷なラリーは、そのための完璧な舞台となるでしょう」

MOTERSPORT


再びラリーの世界へ

幅広いカテゴリーで数多くの国際的な成功を収めてきたアウディが、再びラリーの世界へと戻ってきます。
ラリーは、モータースポーツにおけるブランドの成功の歴史の原点です。1981年にWRC(世界ラリー選手権)に初参戦したアウディは、Audi quattroで革命をもたらしました。現在、フルタイム4輪駆動は、ラリーカーだけでなく、あらゆるカテゴリーにおける標準的なシステムとなっています。このテクノロジーは、スポーティなアウディモデルの安全性を最大限に高めます。

MOTERSPORT

アウディが、究極のコンディションの中を走るダカールラリーに挑戦するプロトタイプは、パワフルな電動ドライブトレインによって駆動されます。必要なエネルギーは高電圧バッテリーから供給され、非常に効率的なTFSIエンジンをエネルギーコンバーターとして利用することで、走行中に必要な電力を充電します。目標は、今後の2年間で、電動ドライブトレインとバッテリーの性能をさらに改善することです。このプロセスで得られた知識は、アウディの量産電気自動車の開発にフィードバックされます。

アウディは、ダカールラリーにこの電動ドライブコンセプトで参戦する最初の自動車メーカーであり、再びモータースポーツの世界においてパイオニアとしての役割を果たすことになります。

MOTERSPORT

Audi RS Q e-tronは、電気モーターで駆動されます。前後アクスルには、それぞれ最新のAudi e-tron FE07 フォーミュラEマシンのモータージェネレーターユニット(MGU)が搭載されています。これは、2021年シーズンを戦うために、Audi Sportが開発したものです。このMGUは、わずかな変更を加えるだけで、ダカールラリーで使用することが可能になりました。

Audi Sportモータースポーツプロジェクト開発担当責任者のステファン ドライヤーは次のようにコメントしています。「バッテリーは、パートナー企業と共同で独自に開発しました。私たちエンジニアは、基本的にすべてのコンポーネントに開発の余地が残されていると考えています。しかし、ドライブトレインシステムに関しては、フォーミュラEですでに97%を超えるシステム効率を達成していますので、これ以上の改善の余地はありません。しかし、バッテリーとエネルギーの管理では状況がまったく異なります。これは、eモビリティの開発において、最大の可能性が秘めている分野です。極めて過酷なダカールラリープロジェクトから得られたノウハウは、将来の市販モデルへとフィードバックされます。」

MOTERSPORT

Audi RS Q e-tronは、視覚的にも、従来の内燃エンジンを搭載したダカールプロトタイプと大きく異なっています。アウディ モータースポーツデザイン チームリーダーのフアン マヌエル ディアスは、次のように語っています。「このクルマは、未来的な外観を備え、アウディならではの多くのデザインエレメントが採用されています。私たちの目的は、“Vorsprung durch Technik”および未来のアウディブランドを象徴するデザインを生み出すことです」


Dakar Rally | Gaining Confidence

1月2日(日)からスタートしたダカール・ラリー2022が終了。 Team Audi Sportは、初日から挫折を味わいながらも団結し、4回のステージ優勝を達成。
12日間にわたるAudiの冒険を、動画でご覧ください。


Press Release

  • Brand_MOTERSPORT_PR-6_883x496.jpg
    ダカールラリー結果:Audi RS Q e-tronが新たな時代の幕開けに成功

    2022/01/19 | Motorsport
    アウディ史上もっとも高度な構造をもつレースカーが、ダカールラリーの炎暑の中、素晴らしい成績を残しました。マティアス エクストローム/エミール ベリークヴィスト組は、過酷なコンディションとなった今回のダカールラリーにおいて、アウディ勢最高となる総合9位を獲得。eモビリティ時代の到来に合わせ、アウディはオフロードラリーの世界においても新境地を切り開きました。

    プレスリリースを見る
  • Brand_MOTERSPORT_PR-5_883x496.jpg
    ダカールラリー中間結果:3台のAudi RS Q e-tronが革新的な強さを証明

    2022/01/12 | Motorsport
    Audi RS Q e-tronはステージ3で初勝利を収め、既に6回の表彰台を獲得。ダカールラリーの前半戦において、革新的な強さを見せるアウディに対して感嘆の声が上がっています。

    プレスリリースを見る
  • Brand_MOTERSPORT_PR-4_883x496.jpg
    最高の効率で充電:Audi RS Q e-tronの高電圧バッテリー

    2021/12/24 | Motorsport
    Audi RS Q e-tronの高電圧バッテリーは、駆動システムの中央、文字通りクルマの中心に配置されています。高電圧バッテリーは、エネルギーコンバーターを備えた革新的な電気駆動装置の心臓部です。

    プレスリリースを見る
  • Brand_MOTERSPORT_PR-3_883x496.jpg
    砂漠のハイテク コントロールセンター:ダカールラリーに参戦する、Audi RS Q e-tronのコックピット

    2021/12/08 | Motorsport
    Audi RS Q e-tronのインテリアは、飛行機のコックピットを想起させ、各種スクリーンやディスプレイは、インストルメントパネル全体に広がっています。

    プレスリリースを見る
  • Brand_MOTERSPORT_PR-2_883x496_2.jpg
    Audi RS Q e-tron:未来の技術の実験室、ダカールラリーに参戦

    2021/07/26 | Motorsport
    2021年7月23日、ノイブルク アン デア ドナウ:電動化ハイテク実験室でのテスト段階をクリア。Audi Sportは、Audi RS Q e-tronの走行テストを開始し、このモデルで、2022年1月に開催される国際的なラリーイベントである、ダカールラリーに参戦するというチャレンジに挑みます。

    プレスリリースを見る
  • Brand_MOTERSPORT_PR-1_883x496.jpg
    アウディ、ダカールラリーに参戦

    2020/12/02 | Motorsport
    アウディは、モータースポーツの世界における最も過酷なレース、ダカールラリーに挑戦します。アウディは、この有名なラリーに、2022年に革新的なプロトタイプで初参戦することを発表しました。

    プレスリリースを見る
Audi Sportの最新情報をお届け <br>Audi Sport Japan Facebook アカウント

“《極限》が私たちにもたらすもの”
2021/07/23 | Performance

2022年の1月、アウディはあの有名なダカール・ラリーに出場することが決まっている。
先日開催されたRS Q e-tronの発表会で、アウディ・スポーツの代表であるユリウス・ゼーバッハが語った、本ラリー大会の伝説と、《極限》についての魅力、そして新しいことに挑戦する勇気とは。

記事を見る

Audiの日本国内における
モータースポーツ活動

カスタマーレーシングは、AUDI AGの将来のモータースポーツプログラムにおいて、引き続き2つ目の重要な柱となっています。
Audi Sportのカスタマーレーシングは、今後も包括的なモデルラインナップを提供するとともに、
世界中のレースに集中的なサービスを提供します。

SUPER GT、スーパー耐久、TCRジャパンに参戦する6チーム、6台をサポート

2022年、アウディ ジャパンはAudi Sport customer racingプログラムにより、SUPER GT GT300クラスにAudi R8 LMSで参戦する1チーム1台、スーパー耐久シリーズST-ZクラスにAudi R8 LMS GT4で参戦する2チーム2台、TCRジャパンシリーズに Audi RS 3 LMSで参戦する3チーム3台、の合計6チーム6台のカスタマーチームをサポートします。

アウディ ジャパンは 2016年来、Audi Sport customer racingパーツトレーラーを全国のサーキットに配備してレースに参戦するカスタマーチームをサポートしています。今年も専用のトレーラーにボディ、トランスミッション、エンジン等、レース車検に適合した約3,100アイテム、約11,000点の部品を積載し、いかなるレース展開にも対応できるように体制を整えて、SUPER GT、スーパー耐久、およびTCRジャパンに参戦するチームと共にサーキットを転戦します。 また、Audi driving experienceプログラムの一環として、アウディオーナーが実際のレースへの参戦権が得られるRace experienceをはじめ、女性ドライバー専用の運転トレーニングプログラムAudi women’s driving experienceなど、数々のプログラムをさらに充実させてまいります。こうしたAudi Sportの様々な活動、RSモデルを通じて、アウディならびにAudi Sportの認知の向上、イメージの強化を図ってまいります。

Audiの日本国内におけるモータースポーツ活動
Audi Sportの最新情報をお届け <br>Audi Sport Japan Facebook アカウント

Audi Sport Japan
公式 Facebook アカウント

Audi Sportのモータースポーツ活動やイベント情報、モデル情報などを、どこよりも速く、深く発信しています。

Audi SportのFacebookアカウントを見る
※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。