走行性能 > テクノロジー > アウディジャパン
走行性能

走行性能

どんなシーンでも信頼できること。どこまでも意志に忠実であること。

難しいコンディションでもクルマを信頼して走り抜けられる、重厚感と安定感がある一方で、どこまでもドライバーの意志に忠実で、ダイナミックな操縦感覚が得られる。そうした、相反する要素を高い次元で両立させるのが、走行性能におけるAudiの信条です。
濡れた路面で停止状態から発進するシーンで、横風の吹くハイウェイで、曲がりくねったワインディングロードで。4WDシステムquattro®をはじめとしたAudiの独創的なテクノロジーが、あなたに得も言われぬ安心感に包まれた走りを提供します。

4つのタイヤが路面に吸い付くかのような感覚。4WDシステム quattro®

雪道や滑りやすい道路はもちろんのこと、日常の運転シーンでも安心と安全、さらにスポーティなドライビング体験を提供するのが、Audi独自の4WDシステム、quattro®です。
縦置きエンジンに組み合わされる「セルフロッキングディファレンシャル」タイプ、電子制御式油圧多板クラッチを用いた横置きエンジンモデル用のタイプ、ミッドシップ用のタイプ、4WDクラッチを搭載し、状況によっては完全な前輪駆動車として走行できるタイプと、様々なバリエーションが存在しますが、いずれのタイプも自然で落ち着いたドライビングフィールが特徴。各社がフルタイム4WDを販売していますが、安心感に包まれた極上の走行感覚は、長年にわたって進化を続けてきたquattro®ならではのものです。

高性能・低燃費をさらに極める、Audiの内燃エンジン技術

Audiは、電動化技術の開発に力を注いでいますが、従来からの内燃エンジンにも依然として進化の余地は多くあると考えています。直噴システムと加給システムを組み合わせたTFSI、同じく直噴とターボチャージャーを組み合わせたディーゼルエンジンTDI等、レースを通じて進化させてきたテクノロジーにより、優れた燃費性能と世界各国の厳しい排ガス基準をクリアできる環境性能を実現。パワフルな走りと高次元に両立させます。

最小限のエネルギーで最大限のパワーを得る、高効率なパワートレイン

従来からの内燃エンジンであれ、エレクトリックドライブをはじめとした新しいドライブシステムであれ、Audiが常に追求するのは「効率」、すなわち、最小限のエネルギーで最大限のパワーを得るということです。燃費性能が勝敗に直結する耐久レース等への参戦を通じて磨かれてきた技術は生産車へとフィードバックされ、優れた環境性能、経済性と両立させたスポーティな走りは、世界中で多くのドライバーからの支持を獲得しています。

快適でダイナミックな走りを実現するシャシー技術

快適な乗り心地と安定した挙動、ダイナミックな走り。ボディの大小を問わず、いかなるモデルでも同じような走行感覚を得られるのが、Audiならではの特徴です。FWDをベースとすることで、直進性や走行安定性を極めながら、4WDシステムquattro®を組み合わせることでダイナミックな走りを実現。FRを凌ぐハンドリングや快適性を手に入れています。

美しく、高剛性・高強度なAudiのボディ

車体を軽量化し走行性能や燃費性能を高める、Audi独自のボディ構造。

audi_news_media_750x265_1.jpg

Audiの情報を手軽に手に入れる

Audiでは、メールマガジンやソーシャルメディアで、クルマの情報をはじめ、ブランド情報やお得なキャンペーン情報などを定期的に発信しています。
ぜひ、この機会に、あなたの欲しい情報やライフスタイルにあったメディアを選択し、Audiの様々な情報を手に入れてください。
Newsletter / Social Media