駐車時に > 安全性能/運転支援 > アウディジャパン
駐車時に

駐車時に

Audiの運転支援システムは、難易度の高い駐車を簡単かつ安全にします。駐車スペースを認識してステアリングを自動操作。様々な角度から自車の周囲を確認できる高度なカメラシステムや、死角に潜む危険を映し出したり音と光で知らせるシステムで安全確認をサポート。停車後も、後方から近づく危険を知らせて不用意なドアの開放による事故を防ぎます。

駐車スペースを感知して、ステアリング操作を自動で代行

technology-portal_640x360_park_assist.jpg
決められた手順どおりにクルマを停めれば、あとは自動的にステアリングが動き、ドライバーはアクセルとブレーキを操作するだけでクルマを駐車スペースに移動することができます。車庫入れと縦列駐車に対応します。また、縦列駐車した狭いスペースから車両を移動する際にも、ステアリング操作を自動で行います。
Youtubeで動画を見る

上空から眺めているような映像を表示し、駐車をサポート

technology-portal_640x360_surround_view_camera.jpg
車両の4つのカメラから得た映像を合成して、あたかも上空から眺めているような映像をMMI モニターに表示し、車両周辺にある障害物や歩行者などの発見をサポートする機能です。

前方または後方の障害物を検出し、表示や警告音でお知らせ

13_audi_parking_system_thumb.jpg
前後バンパーに設置されたセンサーが車両の前方または後方の障害物を検出し、カラーディスプレイの表示や警告音で知らせます。また、リヤビューカメラが装着された車両では、MMI ディスプレイで後方を確認することも可能。リヤビューカメラの映像には、駐車をアシストするガイドラインも表示されます。

タイヤ周りの死角をモニター表示、縁石などの見落としを軽減

technology-portal_640x360_curve_stone_assist.jpg
駐車などの際に、車両の前後だけでなくタイヤ周辺の状況を3Dビューにより確認できます。これにより、ホイールが縁石などに接触してダメージを受けないよう、ドライバーの視界をサポートします。

車両後方のクルマの往来を監視して、後退出庫をサポート

17_rear_cross_traffic_assist_youtube.jpg
駐車スペースから後退で出る際に車両後方のクルマの往き来をレーダーが監視し、近づいてくるクルマがあるとMMI ディスプレイに表示します。もし、危険な状況にあると判断すると、光と音、そしてブレーキの振動により、ドライバーに警告します。
Youtubeで動画を見る

後方から近づく危険を感知して、降車時の注意を喚起

technology-portal_640x360_exit_warning.jpg
停車時に乗員がクルマから降りるためにドアを開けようとしたとき、後方から近づくクルマや自転車などがあるとミラーに内蔵された LEDライト やドアのイルミネーションが点灯して注意を促します。一部のモデルでは、一時的にドアが開かないようにすることで、乗員の安全を図ります。
Youtubeで動画を見る

対象のテクノロジー

パークアシスト

サラウンドビューカメラ

アウディ パーキングシステム

カーブストーンアシスト

リヤクロストラフィックアシスト

エグジットワーニング