Vol.1 Audiブランドとは > はじめてのAudi > アウディジャパン
Vol.1 Audiブランドとは
アウディジャパン はじめてのAudi
Vol.1 Audiブランドとは

Vol.1 Audiブランドとは

Audiは「技術による先進」をスローガンに掲げ、幅広いカテゴリーの高性能で高品質なクルマを生み出してきたドイツのプレミアムブランドです。極限状況で先端技術を磨く実験場として、さまざまなモータースポーツにも参戦。輝かしい成績を残すとともに、そこで培った技術を市販車へとフィードバックしてきました。そして今、Audiは次世代エネルギー車や自動運転などの未来技術に挑み、着実に成果をあげています。

優れた技術と多彩な個性を象徴するAudiのフォーリングス

優れた技術と多彩な個性を象徴するAudiのフォーリングス


シングルフレームに燦然と輝くAudiのシンボルである4つの輪は「Four Silver Rings」と呼ばれ、4つの自動車メーカーが手を組み、Auto Unionを設立したことに由来します。堅実で実用的なクルマ作りを得意としたメーカーから、プレステージカー作りに定評のあったメーカーまで、様々なカテゴリーを専門としていた4つのブランドが結集して生まれたAudi。Audiのグリルに輝く4つの輪には、コンパクトクラスからプレステージカーまで、時代の先端を行く幅広いモデルを生み出してきた伝統と誇りが息づいています。

これからのAudi

これからのAudi


持続可能な方法でビジネスを行うことは、現代の大きな課題の一つです。
物事をあるべき方向に正し、そして世の中に大きな変化をもたらすための、すべての貢献に価値があります。Audiは、お客様に持続可能なモビリティを最高の形で提供し、すべてのビジネス分野においてサステイナビリティを貫いて行動していきます。
vol1_3_883x497.jpg

サステイナビリティとe-モビリティ

世界中でさらなる持続可能なモビリティを実現するカギとなるのが、e-モビリティです。Audiは2025年までに30種類の電動化モデルを提供するという目標を掲げています。そのうちの20種類は周囲にまったくCO₂ を排出しない電気自動車になります。Audiにとってe-モビリティは、より持続可能であり地球温暖化を考慮した中心的存在なのです。

Audiが切り開く未来

vol1_4_669x382.jpg

持続可能なエネルギーで走る未来のAudi

Audiは常に高い効率と環境性能を追求してきました。高性能と低燃費を両立させたガソリン直噴ダウンサイジングエンジンのTFSIやクリーンディーゼルエンジンのTDIは、モータースポーツでも実力を認められています。それらに続く技術としてAudiが開発を進めているのが電動化技術を搭載したe-tronや、天然ガスで走るg-tron、水素から取り出した電力で走る燃料電池車、h-tronなどの次世代車です。
vol1_5_669x382.jpg

自動車業界の最先端を走り続けるAudiの自動運転テクノロジー

近い将来の自動車技術として注目が高まっているのが自動運転です。その実現に向けて、世界中のメーカーが開発競争を繰り広げていますが、Audiはこの分野でも最先端を走り続けています。新型Audi A8では、他社に先駆けレベル3の自動運転テクノロジーを搭載*し、高速道路など限られた条件下ではクルマに運転を委ねることができるようになりました。
自動運転が導入されるとドライバーの負担軽減、交通事故の防止、エネルギーの節約など、様々なメリットがもたらされます。そんな未来を実現するために、新しいモビリティの姿を提案し続けるAudiの革新は続きます。

*日本では未導入。
サステイナビリティ

サステイナビリティ

詳しく見る
※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。⽇本仕様とは異なります。