Audi Sustainability

すべての貢献に価値がある

持続可能な方法でビジネスを行うことは、現代の大きな課題の一つです。
物事をあるべき方向に正し、そして世の中に大きな変化をもたらすための、すべての貢献に価値があります。Audiは、お客様に持続可能なモビリティを最高の形で提供し、すべてのビジネス分野においてサステイナビリティを貫いて行動していきます。

  • 1920x1080_01.jpg
    Audiの考える資源保全とは

    Audiはすでに、サプライヤーとともに原材料調達の段階からCO₂削減に取り組んでいます。特にスチールやアルミニウム、バッテリーは、Audiが行う資源保護の中で、大きな可能性を秘めています。

    詳細を見る
  • 1920x1080_04.jpg
    Audiが推進するカーボンニュートラルな製造

    2025年までに、全世界のAudi工場は完全にカーボンニュートラルになるでしょう。他の工場に先駆け、すでにブリュッセル工場では実現されています。他にも工業用水の処理や廃棄物のリサイクルといった対策を進め、すべてのAudi工場がより環境に配慮した方法で稼働できるよう推進しています。

    詳細を見る
  • mymizu_update_1-1_6.jpg
    アウディ ジャパンがmymizuとパートナーシップを締結

    Audiは持続可能性の実現に向けて取り組んでいます。2025年までに同社の二酸化炭素排出量の30%削減を目標に掲げています。その一環として、Audi Japanはユーザーと無料給水スポットを結びつけるスマートフォンアプリを提供する「mymizu」と、パートナーシップを締結。使い捨てペットボトル100万本の消費削減を目指して、ともに推進していきます。

    詳細を見る
  • photo_topics-3.jpg
    「自然電力のでんき」のご紹介

    Audiは新世代EV(電気自動車)、Audi e-tronとともに、サステイナブルな社会の実現に向けてさらなる一歩を踏み出しました。Audiをご検討のお客様へ、風力、水力、太陽光など、実質100%自然エネルギーを届ける自然電力株式会社がお送りする「自然電力のでんき」をご紹介いたします。

    詳細を見る
  • blank.png
     
  • blank.png
     

Audiが考えるサステイナビリティとは

TVCM [考え方を変えれば、未来は変わる。] 公開中

2025年までにすべての工場でカーボンニュートラルを実現し、20種類の電動化モデルを導入することを決定。さらに、2050年までに環境バランスシートをカーボンニュートラルにするという目標の達成を目指します。スペシャルサイトでは日本独自の取り組みや記事をご紹介しています。

Audiが世界にもたらすもの

今後数年間で、Audiはプレミアムカーセグメントでe-tronモデルの展開を拡張していきます。2018年、アウディは電気自動車Audi e-tronを欧州やアメリカなどで発売し、本格的な電動化モデルの基盤を築きました。これに続き、e-tronシリーズの第2弾として新型Audi e-tron Sportbackを発表しています。

e-tron

 

e-モビリティでさらにサステイナブルな未来へ

世界中でさらなる持続可能なモビリティを実現するカギとなるのが、e-モビリティです。Audiは2025年までに30種類の電動化モデルを提供するという目標を掲げています。そのうちの20種類は周囲にまったくCO₂ を排出しない電気自動車になります。Audiにとってe-モビリティは、より持続可能であり地球温暖化を考慮した中心的存在なのです。

Audi e-tron Sportbackの電力消費(総合値)は26.3–21.6 kWh/100km (WLTP)、CO₂排出量 (総合値)は0 g/km。※数値は欧州参考値です。日本での認可後に変更となる場合もあります。

詳細を見る

e-tron:Audiの電動化テクノロジー

モビリティにおける電動化とデジタル化は現代の大きな課題であり、より持続可能な未来へのカギでもあります。そして、それらをカタチにしたのがAudiの電気自動車e-tronなのです。

詳細を見る
※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。⽇本仕様とは異なります。