アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をサポート > 安全性能/運転支援 > アウディジャパン
アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をサポート

アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をサポート

アウディジャパン テクノロジー 安全性能 / 運転支援
アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をサポート

車両の周囲の状況を監視する車載カメラや各種センサーからの情報を使って、高速道路などでは前走車に安全に追従して、車線の中央を走るようにアクセルやブレーキ、ステアリング操作をアシストし、渋滞時には前走車に続いての停車や再発進などの操作をサポートします。

先行車に合わせて減速や制動を行い、自動で車間距離をキープ

03_adapteve_cruise_control_thumb.jpg
高速道路などでの走行において、レーダーセンサーを用いて先行車両を検知し、設定された車間距離を一定に保って長距離ドライブでの運転をサポート。高速道路などでの走行において車速0~約200km/hの間で作動します。ストップ&ゴーを繰り返す渋滞時には停止まで自動で行い、一定の条件下では自動で再発進します。車間距離は5段階で設定可能です。

高速道路でレーンのはみ出しを警告、車線をキープ

04_active_lane_assist_youtube.jpg
走行中にドライバーの不注意によってクルマがレーンをはみ出しそうになると、ステアリングホイールを振動させてドライバーに警告するとともに、クルマをレーンに戻す方向にステアリングをアシストします。ドライバーはMMI からステアリングの介入タイミングを「早い」と「遅い」のどちらかを選ぶことができます。「早い」を選ぶと、システムは車両をレーンの中央に維持しようと常時ステアリングをアシストします。一方、「遅い」を選ぶと、車両がレーンから逸脱しようとしたときに、車両を戻すようにステアリングをアシストします。
Youtubeで動画を見る

レーンをキープしながら先行車に追従、渋滞のストレスを軽減

05_traffic_jam_assist_thumbnail.jpg
アクティブレーンアシストが作動しない中低速域で走行中でも、アクティブレーンアシストとアダプティブクルーズコントロールを同時に使うことで、先行車との車間距離を維持するとともに、車線から逸脱しないようステアリング操作をサポートし、先行車に追従走行できる便利な機能です。システムが作動速度を超えた場合は、従来どおりアクティブ レーンアシストとアダプティブクルーズコントロールとして作動します。
Youtubeで動画を見る

先行車追従&車線キープ、さらにストップ&ゴー機能も搭載

06_adaptive_drive_assist_thumb.jpg
高速道路などでの走行において車速0~約250km/hの間で作動し、レーダーセンサー、フロントカメラ、超音波センサーを用いて、絶えずクルマの周囲を監視します。アダプティブクルーズコントロールはシステムがブレーキやアクセルをコントロールし、設定された車間距離を一定に保ち、長距離ドライブでの運転をサポート。設定した速度と車間距離を制御して前方車両が検知されると、必要に応じて加速/減速します。またアクティブレーンアシストは、車両が走行レーンを越えないよう穏やかにステアリングを修正してドライバーをアシストします。トラフィックジャムアシストはストップ&ゴーを繰り返す渋滞時に、停止/発進を行います。

対象のテクノロジー

アダプティブクルーズコントロール

アクティブレーンアシスト

トラフィックジャムアシスト

アダプティブドライブアシスト