万一のアクシデントに備えて > 安全性能/運転支援 > アウディジャパン
万一のアクシデントに備えて

万一のアクシデントに備えて

どんなに安全運転を心がけていても、「万一のアクシデント」というのは、誰にでも起こりえます。そんな重大な事故の場面でも、車載カメラやセンサーの情報からシステムが危険と判断すると、シートベルトを巻き上げたりウインドーを閉じるなど、乗員の車外放出や飛散物の車内進入を阻止する機能を働かせて被害の軽減に務めます。

事故の危険を察知すると、システムを作動し乗員の安全を確保

10_presense_basic_thumb.jpg
万一の事故の際にシステムが危険を察知すると、乗員を保護するための機能が自動的に作動します。例えばフロントのシートベルトを巻き上げて拘束力を強め、乗員の体が前方や左右に投げ出されるのを防止します。同時にハザードランプを点滅させ、必要に応じてウインドウを閉じます。車載システムと連携することで、どのような運転状況にあるのか判断し対応します。

後方からの追突を察知すると、衝突に備えて乗員の安全を確保

11_presenserear_thumb.jpg
リヤバンパーに埋め込まれたレーダーセンサーが事故の危険を察知すると、前席のシートベルトを電動モーターで巻き上げたり(リバーシブルベルトテンショナー)、ハザードランプを点灯させることで、万一の事故に備えます。また、サイドウインドーやスライディングルーフウインドウを閉じ、乗員の車外放出や、飛散物の車内への侵入を防ぎます。

システムが360度周囲を監視し、全方位の衝突に備える

technology-portal_640x360_presense_360.jpg
事故を予防し、衝撃を軽減するアウディ プレセンスは、ベーシック、リヤ、そしてサイドをあわせたアウディ プレセンス 360 により、全方位の衝突に備えます。各種センサーが衝突事故の危険を察知すると、前席のシートベルトを電動モーターで巻き上げたり(リバーシブルベルトテンショナー)、ハザードランプを点灯させることで、危険を知らせ、万一の事故の際には衝撃を軽減します。また、サイドウインドーやスライディングルーフウインドウを閉じ、乗員の車外放出や、飛散物の車内への侵入を防ぎます。

ドライバーの異常を感知し車両停止

エマージェンシーアシストは、システムの設定範囲内においてドライバーに異常があり、運転していないと車両が認識すると、システムはドライバーに対して視覚、聴覚、触覚的な警告を発します。ドライバーが反応を示さない場合はレーンに留まったまま自動停止させてハザードウォーニングライトを点灯させます。

対象のテクノロジー

アウディプレセンスベーシック

アウディプレセンスリヤ

アウディプレセンス360

エマージェンシーアシスト