Audi A5 Sportback > A5 > アウディジャパン

A5 Sportback

  • my17_a5sb_top_main.jpg
my17_a5sb_top_main.jpg

Audi A5 Sportback
美しさを纏うスポーティな4ドアクーペ

格式の高いパーソナルカーという欧州の伝統的なクーペの価値観に、日常的な使いやすさをクロスオーバーして生まれたAudi A5 Sportbackが、さらに美しくなりました。目指したのは、The Most beautiful Audi Car。ベースとなったAudi A5の美しさはそのままに、後席のドアとハッチゲートを備えた、新しいフォルムを実現。どの席にもゲストを優雅にエスコートでき、たくさんの荷物も余裕を持って積み込めます。

※生産時期によりモデル名称・装備内容・選択可能なボディーカラーが一部異なる場合がございます。

Audi A5 Sportback の特長

美しさに躍動感も加えて進化したフォルム

  • my17_a5sb_usp_01.jpg
    伝統と革新が息づくデザイン

    4枚のドアを備えたサルーンのフォーマル感と使いやすさに、クーペの美しさを完璧に調和させたフォルムは、Audiならではの革新技術によって成立しています。前に突き進む意志を感じさせるロングノーズ、ショートデッキのプロポーション。低く流れるようなルーフライン。鍛え上げた筋肉を思わせる、緩やかにうねるサイドライン。そこには伝統的な欧州のクーペのスタイルと、80年代のモータースポーツで活躍した名車、Audi quattroのイメージがともに息づき、大人のエレガンスとスポーティなたたずまいを併せ持つ、新しいデザインを実現させています。

  • my17_a5sb_usp_02.jpg
    妥協なきクルマ作りが描いた美しいライン

    Audi A5 Sportbackのデザインの見どころは、リヤに向かって流れるような美しいルーフライン。よりワイドで立体的になったシングルフレームグリルと、精悍な眼差しのヘッドライト、逞しいふくらみをたたえたボンネットなどで、スポーティさにも磨きがかけられました。使いやすいボディサイズと4枚のドアを持ちながら妥協なく成立させたこのラインは、高度なデザインセンスと生産技術の賜物です。

  • my17_a5sb_usp_03.jpg
    上質とスポーティを両立させた快適な室内空間

    新しいAudi A5 Sportbackは、インテリアもさらに洗練されています。上質で精緻なダッシュボードは、水平基調のニューデザイン。また、モニターやエアコン、シフトレバーなどの各種操作系をドライバー側に傾けることで、適度なタイト感のあるコックピットを実現しています。短いオーバーハングと長いホイールベースを持つAudi A5 Sportbackは、流麗なシルエットからは想像できないほどの広い室内空間も兼ね備えています。大人2人がくつろげる後席と広い荷室を備え、幅広く使いこなせます。

上質な走りを支える先進のメカニズムと装備

  • my17_a5sb_top_usp_engine.jpg
    パワーアップしながら更なる高効率化を実現したエンジン

    Audi A5 Sportbackには、最新の2タイプの2ℓTFSIⓇエンジンが搭載されています。quattroモデルは、従来の211PSから252PSへと、41PSもパワーアップ。トルクも350Nmから370Nmに増大しています。可変バルブタイミングシステムやAudiバルブリフトシステムにより、高出力とさらなる効率化を両立。通常は前40:後60の後輪寄りのトルク配分を走行状況に応じて可変させて、速度や路面、天候を問わない安定した走りを実現します。一方、新設定されるFWD(前輪駆動)モデルには、さらなる高効率を実現させた190PSエンジンを搭載。どちらも7速のSトロニックトランスミッションを備え、素早く、スムーズな変速とダイレクトな走行感覚を実現させます。

  • my17_a5sb_usp_05.jpg
    新設定の前輪駆動車に、より高効率のTFSIⓇエンジン搭載

    新しいAudi A5 Sportbackには、 80年代のWRC(世界ラリー選手権)を席巻して以来、熟成されてきた独自の4WDシステム、quattro®に加えて、FWD(前輪駆動)モデルも新たに設定されています。FWD(前輪駆動)モデルは、190PSのTFSIⓇエンジンのパワーを着実に路面に伝達。2WD用に最適化されたサスペンションが、優れたハンドリングと乗り心地、高い環境性能を両立させます。

先進の運転支援機能と安全・快適装備を搭載

  • my17_a5_top_usp_assist.jpg
    ロングドライブを安全、快適にするトラフィックジャムアシスト

    前走車との車間距離を自動的に調整して追従走行。ステアリングの自動修正で車線逸脱を防ぎ、65km/h以下の渋滞での自動停車と自動発進も制御するトラフィックジャムアシストを標準装備*1。ロングドライブの疲労を軽減します。同じく標準装備のアウディプレセンスシティは、約10-85km/hの範囲で周囲のクルマや歩行者を検知。危険と判断すると自動的にブレーキを作動させるほか、右折時に対向車を検知して緊急ブレーキを作動させるターンアシストも備えています。後方の死角から接近する車両を知らせるアウディサイドアシスト*2、追突される危険があるとシートベルトを巻き上げたり窓を閉めて被害を軽減するアウディプレセンスリヤ*2も選択できます。

    *1 Audi A5 Sportback 2.0 TFSIにはアシスタンスパッケージとしてオプション。
    *2 アシスタンスパッケージとしてセットオプション
    ※写真はイメージです。

  • my17_a5_top_usp_virtual.jpg
    走行中でも快適なネット環境を実現する各種インフォテイメントシステム

    高速LTE通信でインターネットと接続するAudi connectと、お使いのスマートフォンの使い勝手で操作できるAudiスマートフォンインターフェイスを備えたMMIナビゲーションシステムも標準装備。専任オペレーターと会話して、レストランなどを予約するサービス*1も利用できます。対向車を眩惑することなく、ハイビームを保てるマトリクスLEDヘッドライト(オプション)や、12.3インチの高解像度液晶画面のメーターパネルに運転に必要な情報を集約、ボタンひとつで切り替えられるAudiバーチャルコックピット(オプション)など、最先端の機能もお選びいただけます。

    *1 予約手配を保証するものではありません。

    Audi connectについて詳しく見る

※各セーフティ、アシスタンス機能はあくまでもドライバーをサポートするもので制御には限界があります。システム自体はその機能の範囲内でしか作動することができません。また、気象条件や道路状況、周囲の状況等によって作動しない場合がありますのでご注意ください。運転者は周囲の状況を注意し、つねに安全運転を心がけてください。

ギャラリー

※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。
※当ページにて掲載中の情報は、2018年11月13日発売の最新モデルではありません。最新モデルは、2018年11月下旬掲載予定です。

試乗 / ディーラー / 価格シミュレーション

Audi A5 Sportback を体感

Audi A5 Sportback のより詳しい情報はこちら

純正アクセサリー

価格 / ファイナンス情報

アフターサービス

購入をご検討の方へ

※当ページにて掲載中の情報は、2018年11月13日発売の最新モデルではありません。最新モデルは、2018年11月下旬掲載予定です。