Audi Q3 > Q3 > アウディジャパン

Q3

  • q3_top_main.jpg
q3_top_main.jpg

Audi Q3
よりスポーティになった新生オールラウンダーSUV

Audi Q3は全長4.4mの手頃なサイズに、5人の乗員がくつろげる室内空間と、たくさんの荷物が積み込めるラゲッジスペースを備えたSUVです。2.0 TFSIエンジンを搭載し、道を選ばない走破性とオンロードでの快適性を兼ね備えた4WDのquattro®モデルに加えて、環境性能と走りを両立させた1.4 TFSIエンジンの前輪駆動モデルもご用意。普段の街乗りから、週末に家族で繰り出すアウトドアレジャーまで、幅広いシーンで力強い存在感を示すオールラウンダーです。1.4 TFSI以外のモデルには、左右のエアインテークが大型化されたフロントバンパーを標準装備。スポーティな印象が増しています。


Audi Q3を体感する

  • model_accx_200.jpg
    価格シミュレーション

    ボディカラーやインテリアなどデザインのカスタマイズをしながらシミュレーションできます。 イメージを確認しながら検討することができますので、ぜひご利用ください。

    価格シミュレーションをする

Audi Q3の特長

街乗りのジャストサイズと高い走破性の融合

  • q3_usp_883x496_1_1.jpg
    都会派サイズのボディが生み出す実用性

    Audi Q3の全長4400×全幅1830×全高1615mmというボディサイズは、街中での取り回しやすさも考慮したものになっています。またSUVの特長である周囲を見渡すことのできる高いアイポイントや、460ℓという大容量のラゲッジスペースも実用性が高く、快適なドライブをお楽しみいただけます。

  • q3_usp_883x496_1_2.jpg
    快適な乗り心地とスポーティなハンドリングを両立

    Audi Q3のストローク感のあるサスペンションは、優れたロードホールディングと快適な乗り心地、そしてスポーティなハンドリング性能という、従来のSUVには望めなかった性能を備えています。また2.0ℓ TFSIⓇエンジン搭載モデルのquattro®は、あらゆる路面状況においても高いロードホールディングを実現します。

  • q3_usp_883x496_1_3.jpg
    ハイパワーを活かすトランスミッション

    TFSI®エンジンが生み出すパワーを、駆動系に滑らかに伝えるトランスミッションも、Audi Q3の走りの個性を際立たせています。素早いシフトチェンジを可能にしたSトロニックトランスミッションは、低速で走行することが多い街乗りから、ダイナミックなスポーツドライビングを楽しむようなシーンまで、全ての速度域でストレスを感じさせないドライビングフィールを実現しています。

時代の先端を走るデザインの力

  • q3_usp_883x496_2_1.jpg
    さらに躍動的なスタイリングになった都会派SUV

    ロードクリアランスが充分に確保されているのはSUVであれば当たり前のこと。Audi Q3は滑らかな曲線で纏められた凝縮感のあるスタイリングによって、タフなだけではない、洗練された印象の都会派SUVとして強い存在感を放っています。また新デザインのフロントバンパーが備わったことで、精悍な表情に変貌を遂げました。

  • q3_usp_883x496_2_2.jpg
    先進のライティングテクノロジーが個性を主張

    Audiが誇る先進的なライティングテクノロジーは、Audi Q3においても健在です。特にオプション装備であるLEDパッケージに含まれる、リヤダイナミックターンインジケーターは、クルマが曲がる方向に向けてウインカーの光が流れるように点滅するもので、周囲にドライバーの意思を素早く伝えると同時に、夜のドライブでも個性を主張します。

高性能と高効率を両立したパワーユニット

  • q3_usp_883x496_3_1.jpg
    ハイパワー、低燃費、そしてクリーンな2つのエンジン

    Audi Q3に搭載されている1.4ℓと2ℓの4気筒エンジンは、直噴システムとターボを組み合わせたTFSI®エンジンで、高出力でありながら低燃費を実現した最新のパワーユニットです。1.4ℓTFSI®エンジンでは、17.4km/ℓ*1という低燃費を達成。一方、2ℓTFSI®エンジンでは最高出力180PS、最大トルク320Nmという高性能を実現しています。スタートストップシステムや、エネルギー回生によってさらなる燃料削減を達成している他、CO2排出量の削減においても高い成果をあげています。

    *1 燃料消費率はJC08モード走行(国土交通省審査値)のもの。定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

※各セーフティ、アシスタンス機能はあくまでもドライバーをサポートするもので制御には限界があります。システム自体はその機能の範囲内でしか作動することができません。また、気象条件や道路状況、周囲の状況等によって作動しない場合がありますのでご注意ください。運転者は周囲の状況を注意し、つねに安全運転を心がけてください。
※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。