デザイン哲学 > デザイン > ブランド > アウディジャパン
デザイン

デザイン哲学

いつの時代にも魅力的であり続ける、タイムレスなデザイン。

時代に流されることなく、しかし、いつの時代も色褪せることのない瑞々しい美しさ。Audiが現在にいたるまで探求し続け、Audiデザインの原点とも言えるのが、この「タイムレスな美しさ」です。そしてシンプルでありながら、細部までこだわりぬいて実現した一目でAudiとわかるプロポーションこそ、高い技術力の証にほかならないのです。

デザイン哲学

 

シンプルであることと個性的であることは、一見相反しているように思えます。
しかし、細部まで徹底的に無駄を排除し、高い工作精度で美しいプロポーションに仕上げられた工芸品が長い年月愛用されるように、シンプルさと個性は両立することが可能なのです。

 

Audiのクルマはなぜ、シンプルでありながら、一目でAudiとわかる特徴を備えているのでしょうか。それはAudiのデザイン言語で描かれた流麗なプロポーション、細部にまでこだわったデザイン、そして、質の高い仕上げの数々が、時を経ても色褪せないタイムレスな美しさを実現しているからなのです。

 
  • exterior_design_640x360.jpg
    エクステリアデザイン

    細部までの作りこみによる美しさと高い機能性を両立するAudiのデザイン。

    詳しく見る
  • interior_design_640x360.jpg
    インテリアデザイン

    優れた素材を、丁寧に。緻密に作り、組み上げられたた最高のインテリア。

    詳しく見る