Audi A5 Coupé > アウディジャパン
アウディジャパン A5
Audi A5 Coupé

時を超えて愛される形とは何か。その答えは、New Audi A5 Coupéが体現しています。
繊細に流れるルーフラインと曲線を描くショルダーラインは、まるでその線が最もエレガントであることを確信しているかのように強くしなやかです。
また、くっきりと張り出したフロントとリヤのホイールアーチは、スポーティである以前にあなたの美的感覚をくすぐる存在感を放ちます。
細部に目をやれば、堂々たるフロントのエアインテークや、陰影を生む彫りの深いキャラクターラインが、
その造形に味わい深さと道を走るものとしての確固たる意志を滲ませていることに気が付くはずです。
奇をてらうことなく端正に磨き上げた、時代や流行に左右されないエレガンスを、いま、あなたへ。

※本サイトに掲載している写真は欧州仕様です。日本仕様とは異なります。

車両情報

Audi A5 Coupé 40 TDI quattro advanced
車両本体価格(消費税込み)
¥6,430,000
総排気量
1,968 cc
最高出力[ネット]
140 (190) / 3,800 - 4,200 kW (PS) / rpm
燃費*¹
WLTC モード  : 14.6 km/ℓ
 
市街地モード  : 12.9 km/ℓ
 
郊外モード   : 14.4 km/ℓ
 
高速道路モード : 15.6 km/ℓ
サイズ(全長/全幅/全高 mm)
4,695/1,845/1,365
車両重量
1,640 kg 
乗車定員
4名
*1 燃料消費率は国土交通省審査値。定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
  WLTC モード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。
  市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。
  郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。
  高速道路モード:高速道路等での走行を想定。
※アウディジャパン株式会社は2023年までに、エアコンで使用するフロン冷媒の目標GWP*値150以下(国内向け年間出荷台数の加重平均値)の達成を目指しています。*GWP(Global Warming Potential地球温暖化係数)
Audi A5 Coupé 40 TDI quattro S line
車両本体価格(消費税込み)
¥6,920,000
総排気量
1,968 cc
最高出力[ネット]
140 (190) / 3,800 - 4,200 kW (PS) / rpm
燃費*¹
WLTC モード  : 14.6 km/ℓ
 
市街地モード  : 12.9 km/ℓ
 
郊外モード   : 14.4 km/ℓ
 
高速道路モード : 15.6 km/ℓ
サイズ(全長/全幅/全高 mm)
4,705/1,845/1,365
車両重量
1,650 kg 
乗車定員
4名
*1 燃料消費率は国土交通省審査値。定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
  WLTC モード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。
  市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。
  郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。
  高速道路モード:高速道路等での走行を想定。
※アウディジャパン株式会社は2023年までに、エアコンで使用するフロン冷媒の目標GWP*値150以下(国内向け年間出荷台数の加重平均値)の達成を目指しています。*GWP(Global Warming Potential地球温暖化係数)
Audi A5 Coupé 45 TFSI quattro S line
車両本体価格(消費税込み)
¥7,070,000
総排気量
1,984 cc
最高出力[ネット]
183 (249) / 5,000 - 6,000 kW (PS) / rpm
燃費*¹
WLTC モード  :  12.9 km/ℓ
 
市街地モード  :  9.5 km/ℓ
 
郊外モード   :  13.0 km/ℓ
 
高速道路モード :  15.1 km/ℓ
サイズ(全長/全幅/全高 mm)
4,705/1,845/ 1,365
車両重量
1,600 kg 
乗車定員
4名
*1 燃料消費率は国土交通省審査値。定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
  WLTC モード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。
  市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。
  郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。
  高速道路モード:高速道路等での走行を想定。
※アウディジャパン株式会社は2023年までに、エアコンで使用するフロン冷媒の目標GWP*値150以下(国内向け年間出荷台数の加重平均値)の達成を目指しています。*GWP(Global Warming Potential地球温暖化係数)